近い目標

シナプス海老原です。

これまで、100冊以上のマーケティングや戦略書を読んできましたが「一番好きな企業戦略本は、何か?」と聞かれれば「良い戦略、悪い戦略」と答えます。

著者は戦略論の大家「リチャード・P・ルメルト」。日本での知名度は低いですが、「世界で最も影響力のあるビジネス思想家ラインキング」に毎年選出されている大御所です。「良い戦略、悪い戦略は」企業戦略の実務家なら、何度読んでも学びが得られる本です。

1.「良い戦略」に活かされる強みの9つの源泉

「良い戦略」ではどのように強みが生み出され活用されているでしょうか。

「良い戦略」に活かされる9つの強みの源泉は、「テコ入れ効果」「近い目標」「鎖構造」「設計」「フォーカス」「健全な成長」「優位性」「ダイナミクス」「慣性とエントロピーの打破」です。

9つそれぞれ面白いのですが、特に他の戦略書で解説が少なく、かつ重要と考える「近い目標」について解説します。

2.良い戦略に活かされる強みの源泉 ②近い目標

戦略において、「近い目標」とは、「手の届く距離にあって十分に実現可能な目標」を意味します。近い目標は高い目標であってもよいですが、達成不可能な目標ではいけません。

「近い目標」ではなく、もっと大きな目標がよいと考える人もいるでしょうが、それは「近い目標」と「低い目標」と混同している可能性があります。

「近い目標」の事例「ケネディ大統領の月面着陸宣言」

1961年アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディは、「1960年代中に人間を月に到達させる」との声明を発表します。アポロ計画です。

これは、かなり「壮大な目標」と考えられることが多いですが、フォン・ブラウンという著名なロケット科学者が実現性を考慮した上で設定されています。この科学的根拠に基づいた実現可能で、わかりやすい「近い目標」を掲げることにより、アポロ計画を成功に導くことができたのです。

なお、この時期は米ソ冷戦の時代で、軍事に関わる様々な分野で米ソは競争しています。「ソ連に勝てる分野である」ということで、「宇宙開発競争」が戦略的に選ばれたのです。つまり、「アポロ計画」は、アメリカがソ連に宇宙開発競争で勝つための戦略の「近い目標」なのです。

参考情報

1.参考原書「良い戦略、悪い戦略」

良い戦略、悪い戦略』リチャード・P・ルメルト (著)、日本経済新聞出版社

2..海老原一司のシナプスビジネスナレッジコラム

海老原一司:チーフマーケティングコンサルタント
1974年生まれ。早稲田大学理工学部修士課程をへて1999年日本テレコム株式会社入社。IT業界を中心に大企業・ベンチャーなどの事業会社で クラウドサービスなどの10年間以上のプロダクトマネージャ経験を持つ、BtoB事業の新規事業立ち上げ、事業成長のスペシャリスト。プロマネとして新サービスを3年で100倍の売上にした経験を持つ。

2014年シナプス入社。BtoBマーケティングプログラム責任者。
立教大学経営学部講師』(2015年~現在)
グロービス経営大学院(MBA)』(2010年卒)

マーケティング戦略実行実践ナレッジシリーズ


3.マーケティング戦略の基本を学ぶ企業研修


マーケティング研修(基礎編)

1万人が受講したマーケティング基礎プログラムです。「マーケティング戦略基本プロセスの流れ」「論理的思考法」「顧客ニーズの本質」を学びます。単なる知識に終わらずマーケティングの実務応用に使える論理的マーケティング思考法を身につけます。「マーケティング戦略思考」を共通言語として組織浸透させるための社員集合研修として最適です。

研修プログラムの詳細は 『「マーケティング研修(基礎編)」-1万人受講の看板講座』をご覧ください。

BtoBマーケティング研修(基礎編)

BtoB企業向けにマーケティング思考の基本を組織共通言語化するための研修です。マーケティング戦略プロセスのエッセンスを抑えつつ、BtoBに精通したコンサルタントが「DMU」「購買プロセス」「経済合理性」など、BtoBマーケティングならではのポイントも解説します。

研修プログラムの詳細は『 「BtoBマーケティング研修(基礎編)」-共通言語を作る』をご覧ください。


シェアする