マーケティング研修基礎主任講師:家弓正彦

「マーケティング研修基礎」は、営業部門、商品開発部門、セールスエンジニアなどに、「マーケティング戦略思考」を共通言語として組織浸透させる企業研修です。

「マーケティング研修基礎」は、「マーケティング戦略基本プロセス」「論理的思考法」「顧客ニーズの本質」を学びます。単なる知識に終わらずマーケティングの実務に使える論理的マーケティング思考法を身につけます。


1.「マーケティング研修基礎」で組織共通言語を作る


マーケティング研修を通じて、基本フレームワークやマーケティング思考・ニーズなどの顧客思考が組織共通言語となることがゴールです。

組織的にマーケティング共通言語を作ることで、業務での議論の質とスピードが上がります。


1-1.マーケティング共通言語で「議論のスピード」がアップ


マーケティング研修基礎で、習った共通言語、共通思考プロセスで、社内コミュニケーションでき組織の意思決定スピードがアップします。


1-2.マーケティング共通言語で「議論の質」がアップ


マーケティング研修で作った共通言語があると、会議などで議論の質が高まります。共通言語がある組織では、インタラクティブに建設的なマーケティング議論ができます。


2.「マーケティング研修基礎」体系的基本理論を実践的に


2-1.マーケティング研修基礎で体系的理解と論理的思考プロセスを学ぶ


マーケティング戦略プロセス

  • マーケティング全体像と基礎フレームワーク(PEST分析、3C分析、STP、4Pなど)を事例や演習で体感しながら学ぶ
  • ロジック/根拠にこだわることを徹底。「なぜそう考えたか?」と問い続け、論理的にマーケティングを考える力、実践応用力を磨く
  • マーケティングスキル基礎研修として合計500回、1万人以上が受講。平均満足度4.7(5点満点)を獲得

2-2.マーケティング研修セッションの進め方

パートごとに、レクチャー、演習、ショートケースを組み合わせて基礎を反復トレーニングすることにより、学びの定着化を図ります。



2-3.マーケティング研修基礎:1日版カリキュラム


時間:9:00~17:00(研修7時間、昼食休憩1時間)
研修人数:15人から30人
※じっくり学ぶ2日コースもあります。

概要 マーケティング研修基礎カリキュラム詳細
マーケティング基礎概念
  • マーケティングとは?
  • マーケティング戦略プロセス
  • 本質的なニーズとは(WantsとNeeds)
    【ニーズ演習】新しいパソコンの購入
環境分析
  • マクロ環境分析 (PEST分析)
  • 業界環境分析(3C分析)
  • 【環境分析事例紹介】スターバックスの3C分析
  • SWOT分析による戦略目標オプション抽出と絞り込み
  • 【SWOT分析演習】スターバックスのSWOT分析と戦略目標
基本戦略(STP)
  • ターゲティング
      ターゲットの定義/ターゲット設定と評価/ターゲティングの軸
  • 【ターゲティング演習】ユンケル、Wiiのターゲットを考える
  • ポジショニング
      ポジショニング決定の手順/Key Buying Factor(KBF)購買決定要因
  • 【ポジショニング事例紹介】iPhoneのポジショニング
具体的施策(4P)
  • マーケティングミックス(4P)
    基本戦略(STP)と各施策(4P)の整合性
  • プロダクト戦略(製品戦略)
    製品コンセプト(プロダクト3層モデル)/製品の価値
  • 【製品コンセプト事例紹介】ウィダーインゼリー
  • 【プロダクト3層モデル演習】スポーツクラブの新商品企画
  • 価格戦略
    価格設定のガイドライン
  • 【価格戦略演習】家電新商品の価格設定
  • チャネル戦略(流通戦略)
    チャネルの役割と設計/チャネルで変わる顧客価値
  • プロモーション戦略
    態度変容モデル/AIDMA
  • 【プロモーション戦略演習】新車販売のプロモーション戦略
マーケティング戦略総合演習 ショートケース「ユニクロ」
  • ユニクロの環境分析(3C分析、SWOT分析)
  • ユニクロの基本戦略(ターゲティングとポジショニングを考える)
  • ユニクロの施策
    「ユニクロ」「GAP」「無印良品」「GMS」の採ったマーケティング施策を、4Pを使って整理する

※受講の事前知識、経験は不問です。初級者から受講可能なように、マーケティング基礎から学びます。

4.「マーケティング研修基礎」4社の導入事例

4-1.東京電力エナジーパートナー様:マーケティング研修基礎事例

東京電力エナジーパートナー株式会社様で新商品開発機能を持つ「商品開発室」全メンバー向けに「マーケティング研修基礎」を開催しました。


東京電力エナジーパートナー 商品開発室 冨山様

冨山様) 商品開発室では「新しいことを事業としてまとめ、世の中に生み出していく」ことがミッションです。
しかし、多様な人材は揃っているものの、新商品開発のような「事業を生み出すこと」を体系立てて経験したことがある人が少なかった。また、商品開発室組織全体のマーケティング知識レベルが揃っていませんでした。
そこで、「新商品開発プロセスで、全員でコミュニケーションできる共通言語を研修で作りたかった」んです。組織としてのマーケティングの総合力が足りなかったと感じていました。
冨山様) 元々、商品開発室は多様性のあるメンバーなので、プロジェクトを進めるときに共通言語を持つことが狙いでした。
複数のプロジェクトが並行して動いているのですが、共通言語としてマーケティングのフレームワークなどを使うことが当然になってきていますね。半年間で、すでにサービスをローンチさせた人もいます。

事例詳細は『東京電力エナジーパートナー様:マーケティング研修基礎事例』をご覧ください。


4-2.農薬メーカー様:マーケティング研修事例


協友アグリ株式会社様での、マーケティング研修事例です。

近年、生産者の高齢化や生産資材の低価格志向の激化によって、農業生産者や農協が変わり始めています。協友アグリも、若手の営業担当を拡充したこともあり、今までのベテラン営業による勘と経験だけでは価値提供が難しくなりつつありました。そこで、2013年よりシナプスに「マーケティング研修」を依頼しています。

事例詳細は『協友アグリ:マーケティング研修事例』をご覧ください。


協友アグリ 営業部 山岸様

山岸様) 受講者に、マーケティング研修の内容が基本的な型として定着し始めています。新人の営業パーソンの中には、社内会議で自分の課題を発表するときに、研修で学んだフレームワークを使って説明する人も出てきました。
山岸) 農業関連産業でも、マーケティングプロセスを活かすことができると感じました。むしろ、業界構造的には全農さん以外が、参入できないからこそ、マーケティングスキルを大いに活用していくべきだと考えています。

4-3.リサーチ会社様:マーケティングエージェンシー育成研修事例


株式会社インテージ様での、マーケティング研修事例です。インテージ様では、合わせて「問題解決スキル」「ファシリテーション研修」も開催されています。

事例詳細は『リサーチ会社様:マーケティングエージェンシー育成研修事例』をご覧ください。


インテージ 飯野様

飯野様) 成果として良かったのは、マーケティング研修を受けたあとに、一部のメンバーが研修で学習したフレームワークを実務で使うようになってきたことですね。
企画営業をするときに、リサーチデータ分析結果を、そのまま顧客に提示するのではなく、調査設計において3C分析など、きちんとマーケティングフレームワークを使って分析し、「こういう分析の前提だから、こういう調査設計になる」というストーリーがあります。

4-4.エイベックス・ピクチャーズ様:マーケティング研修事例


エイベックス・ピクチャーズ株式会社(以下、エイベックス・ピクチャーズ)は、「映像コンテンツを通じて、夢、希望、勇気、感動を世界の人々に。」をミッションとして、アニメを中心とする映像コンテンツおよび映像コンテンツ派生サービスを提供しているエンタテインメント企業です。

エイベックス・ピクチャーズ様では、全社員を対象として2012年から5年連続シナプスの「マーケティング研修」を開催しています。エイベックス・ピクチャーズ代表取締役会長の寺島ヨシキ様にお話を伺いました。

事例詳細は『エイベックス・ピクチャーズ様マーケティング研修事例』をご覧ください。


エイベックス・ピクチャーズ株式会社 代表取締役会長 寺島ヨシキ様

寺島様) 消費者の欲求が「モノ欲求」から「コト欲求」にシフトしています。モノからコトへ。エイベックス・ピクチャーズの売上もパッケージ比率が高すぎるので、ノンパッケージ比率を上げる必要があります。つまり、映像専門カンパニーへの事業パラダイムシフトが必要だったのです。
事業パラダイムシフトが必要な一方で、社内の共通言語がないと感じていました。社員に共通言語を植え付ける必要がある。そこからスタートしたいと思いました。「ロジカルシンキング」と「マーケティング」という共通言語がなかった。弱かったんですね。
寺島様) エンタテインメント業界で売上を上げていくには、大きくマーケティングとクリエイティヴの2つの要素があります。
やはりクリエイティヴの要素は大きいですよね。クリエイティヴさえよければ売れるという部分がある。しかし、クリエイティヴだけに頼っていてはダメなんです。アンコントローラブルな要素が大きく当たるか当たらないかが読めない。
そこで、ロジカルなマーケティングが重要になってきます。「マーケティングをやるから100%成功する」ことは、ありえないですよ。しかし、マーケティングをしっかりやると、10%でも20%でも成功確率を上げることはできる。「マーケティングによって、下駄を履かせる」ことができるわけです。

まとめ


マーケティング研修基礎では、インタラクティブで実践的なレクチャー・演習により、マーケティング体系的知識を学び、日常業務でコミュニケーション基盤として使える組織共通言語を作ります。

興味がある方は「企業研修の資料請求・問い合わせ」ボタンから相談ください。

講師経験を持ち、人材育成とコンサルティング経験豊富なコンサルタントが、あなたの疑問にお答えします。お気軽に相談ください。




参考情報

1.「マーケティング研修基礎」講師


資料請求・お問い合わせ

シェアする