シナプス海老原です。

今回はサイエンス好きマーケターの海老原がプレゼンターに知っておいてもらいたい、記憶力の仕組みを脳科学の見知から解説します。

1.プレゼンターが知るべき記憶の仕組み-短期記憶と長期記憶

まずは、プレゼンターが知るべき記憶に関する脳科学の初歩です。脳はどこで記憶をするか知っていますか。正解は「海馬」です。

次に、プレゼンテーションの受け手にとって「海馬で記憶する」といっても、大きく「短期記憶」と「長期記憶」のという2種類の記憶があることがポイントですそして、「短期記憶」「長期記憶」は、脳科学的に異なる仕組みで海馬に記憶されています。

プレゼンターは、伝えたい内容をプレゼンテーションの受け手の記憶に残すことが必須です。そのため、プレゼンターが人間の記憶の仕組みを知っておくことは重要なことです。

1-1.短期記憶

短期記憶というのは30秒からせいぜい数分程度までの短い時間の記憶のことです。あなたが電話機に登録されていない番号に電話をするとき、電話番号を覚えているのはせいぜい数分。わずか10桁程度の数字ですが、メモを見ながら思い出すのが精一杯でしょう。

この短期記憶の仕組みを知ることはプレゼンターにとって、重要だと思います。

1-2.長期記憶

長期記憶は、数分以上にわたって長期に思い出すことが出来る記憶です。勉強したことを思い出す、昨日の出来事を思い出す、これらは長期記憶です。

今回は、プレゼンターに必要な記憶力の仕組みということで、主に短期記憶について説明します。長期記憶については、ここでは「短期記憶と異なる仕組みで脳に記憶される」ということだけ覚えておいてください。

2.プレゼンテクニック-短期記憶の仕組みから構成を考える

2-1. 短期記憶の容量は7個 -マジカルナンバー7

「マジカルナンバー7」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

これは、人が短期記憶で覚えられる塊はせいぜい7個までであるという理論です。アメリカの心理学者ジョージ・ミラーの研究論文が元で、心理学的、脳科学的な実験結果から導かれています。

厳密にはマジカルナンバー7±2で、人が一度に覚えられる数は5~9個ということです。この論文のポイントは、この数字はIQなどになどによって変わらず、また訓練によって増えるものでもありません。

2-2. プレゼンテクニック -伝える項目の上限は5個

短期記憶の仕組みから言えるのは、「プレゼンテーションで相手に伝える項目はせいぜい5個までにするべき」ということです。

あるプレゼンテーションを初めて聞く受け手は、短期記憶を使っていると考えられます。つまり、一度に覚えていられる項目の数は5~9個です。マジカルナンバー7といっても、±2ですから、「5個まで」と考えてプレゼンテーションをする方が無難でしょう。

例えば、「本日の提案はこれです。その理由は10個です。」といった瞬間に、このプレゼンの失敗は見えています。聞き手はせいぜい5個までしか覚えられないわけですから、10個のポイントが聞き手に届くことはありません。

2-3. プレゼンに使えるマジックナンバー3

マジックナンバー3は、ロジカルシンキングやプレゼンテーションでよく使われる言葉です。例えば、「こうした方がいいと思います。理由は以下の3つです。」という言い方で使われます。

マジカルナンバー3は、ロジカルシンカーの中では有名な経験則です。3つは覚えやすく説明しやすい数字で、納得感があります。逆に、理由が1つか2つぐらいだと、聞き手は、それで全部なのかな?という疑問を感じやすくなります。

ここで、先ほどの短期記憶で覚えられる上限は5個という記憶の仕組みを思い出しましょう。5個はあくまで上限です。プレゼンテーションの受け手は、当然各項目について、さらに追加説明を受けますので、受け手のキャパシティはもっと減ります。総合すると、プレゼンで伝える項目数は「3つ」ぐらいが適当です。

これがマジックナンバー3です。

参考情報

1.海老原一司のシナプスビジネスナレッジコラム

海老原一司:チーフマーケティングコンサルタント
1974年生まれ。早稲田大学理工学部修士課程をへて1999年日本テレコム株式会社入社。IT業界を中心に大企業・ベンチャーなどの事業会社で クラウドサービスなどの10年間以上のプロダクトマネージャ経験を持つ、BtoB事業の新規事業立ち上げ、事業成長のスペシャリスト。プロマネとして新サービスを3年で100倍の売上にした経験を持つ。

2014年シナプス入社。BtoBマーケティングプログラム責任者。
立教大学経営学部講師
グロービス経営大学院(MBA)

ビジネス基礎スキルシリーズ

プレゼンテーションを学ぶ企業研修

プレゼンテーション研修

「プレゼンテーション研修」では、「相手を動かすこと」を目的として自社課題などのリアルなテーマで、プレゼンテーション作成の4ステップを実作業で体感します。

プレゼンテーションの本質的作成プロセス、プレゼン資料構成に集中いただくために、あえて紙を使った手書きでのプレゼンテーション作成をオススメしています。

研修プログラムの詳細は『 「プレゼンテーション研修」-手書きで学ぶ資料構成のコツ 』をご覧ください。


シェアする