シナプス海老原です。

「御社の会議では、打合せアジェンダ(会議アジェンダ)が発行されていますか?」

「会議時間が長い」「会議時間内で意思決定ができない」など、多くのビジネスパーソンが「会議の無駄が多い」と感じています。

会議の無駄を省き、限られた打合せ時間で効果を出すコツは、「打合せアジェンダ発行」です。打合せアジェンダ活用でホワイトカラー生産性を向上させましょう。


1.打合せアジェンダ発行で会議の無駄が省ける2つの理由


会議前にアジェンダを発行することは、会議の基本です。会議アジェンダ発行がルール化されていない部署は、今日から「会議の●日前にアジェンダを発行する」と決めましょう。

事前配布資料、当日配布資料、ツールなど様々な工夫を凝らして、会議の無駄を省き効率を上げましょう。

1-1.①アジェンダで参加者の意識醸成・意識統一

  • 会議の目的・ゴールを共有し、目線を共通にする
  • なぜ、この会議に自分が参加するのか、参加意欲を醸成する

1-2.②打合せアジェンダで参加者の事前準備促進

  • 議論の論点の事前共有で会議中に意見を考える無駄が省ける
  • 会議前の情報収集を促す

2. まず打合せアジェンダから手をつけるべき理由

会議の無駄削減手段の中でも、打合せアジェンダ発行は、即効性があり取り組み易いテーマです。なぜなら、ファシリテーター1人がやろうと思えばできますし、簡単なアジェンダであれば、10分もあれば作成可能です。

明日の会議からアジェンダ発行を始めてみませんか。


3.打合せアジェンダの項目


打合せアジェンダ項目が適切なら、会議の無駄は大きく省けます。では、打合せアジェンダに書くべき内容とはなんでしょうか?

3-1.目的とゴールイメージ

打合せアジェンダ項目の一つ目は、会議の目的とゴール設定です。

打合せアジェンダでは、ゴールとテーマを明確にし、例えば「今回は幅広くアイディアを求める会議です。」「解決策は次回の会議で決定します。」というように、ゴールイメージを明確に示します。


打合せの目的


会議を通じて、最終的に目指している成果・目標です。

打合せゴールイメージ


「ゴールイメージ」は、「会議終了時点で、どのような状態になってほしいか」です。会議の無駄を省くために、会議終了時点の状態を明確にしておきましょう。

例えば、「1回目の会議ゴールは問題点を明確化するところまで」「2回目は、解決策を上げてどの解決策を選択するか決定するところまで」など、各会議でゴールイメージを明確にします。


3-2. 会議の論点構成(会議プロセス)


論点の内容と議論時間を示す。

  1. 論点1(10分)
  2. 論点2(20分)
  3. 論点3(20分)
  4. 論点4(30分)

4.打合せアジェンダ参考具体例

打合せアジェンダの具体例を記載しますので、実際の打合せアジェンダ作成時の参考にしてください。

4-1.基本事項

  • 議題(テーマ):今期の売上げ未達対策について
  • 開催日時、場所:●月●日 14:00-15:20(302会議室)
  • 出席者の役割分担):ファシリテーターAさん、議事録Bさん

4-2.会議のゴールイメージ

  • 本会議のアウトプット(決定事項)
  • メンバーの状態(意識や動機)

4-3. 会議の論点構成

  • 現状の実績報告(10分)
  • 問題点の洗い出し(20分)
  • 問題発生の原因分析(20分)
  • 施策アイディア抽出(30分)


参考情報

ファシリテーションスキルコラムシリーズ

ファシリテーション力診断テスト

2,3分の簡単な質問に答えるだけで、あなたのファシリテーション力、ファシリテーション傾向を診断します。診断に興味のある方は、「ファシリテーション力診断テスト」を参照ください。


ミーティングファシリテーション力を高める企業研修

「ファシリテーション研修」は、無駄のない効率的会議運営のファシリテーションスキルを学ぶ企業研修です。明日から使えるファシリテーションテクニックをロールプレイで学習します。

研修プログラムの詳細は『「ファシリテーション研修」-すぐ使えるファシリテーターのコツ』をご覧ください。


シェアする