シナプス海老原です。

今回は「ビギナーのための会議運営ファシリテーションチェックリスト)」として、会議運営の効率化のため、初心者でもチェック可能な「ファシリテーションチェックリスト」について説明します。シンプルなチェックリストなので、ファシリテーションビギナーでもチェック可能。そして、このファシリテーションチェックリストを守るだけでもファシリテーション効率はあがるはずです。


1.会議運営ファシリテーションチェックリスト


1-1.スムーズな会議運営のために

ファシリテーション初級者、およびファシリテーションがあまり浸透していない企業向けに、会議運営ファシリテーションがきちんとできているか、チェックできるシンプルなチェックリストを用意しました。

高度なファシリテーションスキルやテクニックの活用ではなく、「やった/やらない」「できた/できない」が、簡単にチェックできます。まずは、以下の簡単なことができているかをチェックしてください。もしできていない場合は、すべて行うようにするだけで、会議運営に目に見える変化があるはずです。

1-2.会議運営ファシリテーション基本チェック9項目

  1. 今日の会議の目的・ゴールは明確ですか?
  2. 会議のアジェンダは発行されましたか?
  3. アジェンダは、会議中全員が閲覧できる状態になっていますか?
  4. ファシリテータは、ホワイトボードを活用していましたか?
  5. 会議は時間内に終わりましたか?
  6. 今日議論すべき事項(アジェンダの内容)はすべて議論できましたか?
  7. 各論点について結論はでましたか?
  8. タスクが発生した場合は、誰が何をいつまでにやるか明確lになっていますか
  9. 会議終了後に議事録(または、議事メモ)は発行されましたか?


参考情報

「ファシリテーション研修」は、無駄のない効率的会議運営のファシリテーションスキルを学ぶ企業研修です。明日から使えるファシリテーションテクニックをロールプレイで学習します。

研修プログラムの詳細は『「ファシリテーション研修」-すぐ使えるファシリテーターのコツ』をご覧ください。


シェアする