「BtoBマーケティング研修実践編」は、マーケティングコンサルタントと二人三脚で、自社商品や自社顧客のBtoBマーケティング実務課題を研修テーマとして分析します。

BtoBコンサルティング経験豊富な講師兼コンサルタントのファシリテーションとコンサルサポートにより、実務のマーケティングプランをワークショップで検討。自分事の自社課題研修テーマで、マーケティングが腹落ちしたスキルになります。


1.自社課題研修テーマで、BtoBマーケティング戦略立案


1-1.自社課題テーマ = 研修 + コンサルティング

自社課題テーマワークショップは、シナプスの講師力とマーケティングコンサルティング力を活かした実践研修です。マーケティングスキル向上だけでなく、自社課題解決のコンサルティングアドバイスまで踏み込んだ一石二鳥の企業研修です。

詳しくは、『社内研修テーマは自社課題実践がおすすめ』をご覧ください。


1-2.希少なBtoBマーケティング経験豊富なコンサルタントが設計と講師を担当


  • BtoBマーケティングは、深い実践経験・知識を持った人材が少ない分野です。シナプスでは希少なBtoBマーケティング経験豊富なマーケティングコンサルタントが講師を担当
  • BtoBマーケティングに精通した企業研修担当コンサルタントが、お客様企業の業界や受講者に合わせカリキュラム設計

BtoBマーケティング講師陣。左から、海老原、家弓、後藤


1-3.BtoBマーケティングケース演習も可能


【BtoBケース①】アロー・エレクトロニクス社

アロー・エレクトロニクス(アロー・シュウェーバーグループ)は、半導体・電子部品の中間流通事業者=電子部品ディストリビューターです。


半導体・電子部品メーカー(=サプライヤー)は、インテル、モトローラなどをはじめとして、多数のメーカーが存在します。電子部品のように、多くのサプライヤーが存在し、かつ各サプライヤーが、また多くの商品を製造するような商品点数の多い業界では、アローのような中間流通業者が存在します。

これまで、顧客への技術サポート力を売りにしてきたアロー社。インターネット技術の急速な発展という、大きなマクロ環境の変化に対して、生き残りをかけたビジネスモデル変革に迫られたケースです。

【BtoBケース②】スリーカラーズ・アパレルEC事業部

スリーカラーズは、シナプスオリジナルケースです。アパレルEC事業部を舞台に、競合アパレルサイトとの競争にいかに勝ち残るかを検討します。態度変容モデルによるプロモーション施策、広告モデルから自社販売モデルへのビジネスモデル変更の是非などを検討します。システムインテグレータなどIT企業様でよく使われるケースです。



ケース冒頭
『スリーカラーズ株式会社(以降、スリーカラーズ)は、生活情報やアパレル情報を中心に雑誌出版を展開する企業である。
元々は様々な情報誌を中心に拡大してきたが、現在最も成長しているのがアパレル事業である。他
のほとんどの事業は出版に関する売上と広告売上なのに対して、アパレル事業はネット戦略に力を入れており、消費者が自分の好みの服を手軽に検索できるサイト「3COLORS」の展開が事業成長の原動力になっていた。
スリーカラーズは、企業の成り立ちから国内売上高比率が極めて高いため、国内市場の成熟化、及
び、今後の少子高齢化による市場縮小に伴い、今後の成長が大きな課題であった。』

2.BtoBマーケティング研修実践編プログラム


2-1.BtoBマーケティング研修 3日版プログラム例

  • 【Day1】基礎レビュー、環境分析戦略仮説立案
  • 【Day2】戦略プレゼン、戦略ブラッシュアップ、ソリューション仮説構築
  • 【Day3】ソリューション仮説改善、プレゼン準備、プレゼン

セッション日の間は、約1ヶ月のインターバルワークです。グループワークでヒアリングでの情報収集および戦略改善を行います。

※受講人数:12人から25人



2-2.自社課題テーマワークショップ:セッション進行イメージ


セッション当日は、各グループが成果物を発表し、クラス全体で質疑応答、ディスカッション、フィードバックを重ね、各プランのブラッシュアップを図ります。なお、事前課題としてテーマごと分析結果をグループワークでまとめます。



自社課題テーマ選定、受講者グルーピングなど、企業研修コンサルタントが、お客様事務局から詳細ヒアリングの上、最適な設計をご提案します。


3.「BtoBマーケティング研修実践編」プログラム責任者の想い


BtoBマーケティング研修プログラム責任者:海老原一司

『私は、シナプス入社以前は、BtoB事業会社4社を経験し、10年間複数のBtoB新規事業、新商品開発のプロジェクトマネジャーとして、現場でBtoBマーケティングを実践してきました。
10年のBtoB事業プロジェクトマネジャー実務経験で確信したのは、BtoBマーケティング推進者に必須なことは「オーソドックな型を深く身につけ、実務で基本をしっかり抑えたマーケティング戦略立案ができること」です。

BtoCに比べ、合理的判断が優先されるBtoBでは、基本を抑えれば成功確率は大幅に上がります。


興味がある方は「企業研修の資料請求・問い合わせ」ボタンから相談ください。


講師経験を持ち、人材育成とコンサルティング経験豊富なコンサルタントが、あなたの疑問にお答えします。お気軽に相談ください。




参考情報

1.「BtoBマーケティング研修実践編」講師




「BtoBマーケティング研修実践編」前に基礎を学ぶ


「BtoBマーケティング研修基礎」BtoBプロの基本ノウハウ

「BtoBマーケティング研修基礎」は、BtoB企業向けにマーケティング思考の基礎を共通言語化する企業研修です。マーケティング戦略プロセスのエッセンスを抑えつつ、BtoBに精通したコンサルタントが「DMU」「購買プロセス」「経済合理性」など、BtoBマーケティングの基本ポイントも解説します。

研修プログラムの詳細は『 「BtoBマーケティング研修基礎」BtoBプロの基本ノウハウ』をご覧ください。


資料請求・お問い合わせ

シェアする