顧客ニーズヒアリング研修

ニッセイ情報テクノロジー株式会社様(以下、ニッセイ情報テクノロジー)は、「貢献」「創造」「尊重」を企業理念として、デジタルで新たな価値を創造し、お客様とともに成長するIT企業です。 ニッセイ情報テクノロジー様では、顧客ニーズ把握の重要性に着目し、シナプスの「顧客ニーズヒアリング研修(基礎編)」「顧客ニーズヒアリング研修(実践編)」を実施しました。

実は、「顧客ニーズヒアリング研修(実践編)」を開催前、は不安でした。受講生12人みんなが違う課題。
しかも、それぞれの受講生課題のニーズ仮説を細かく掘り下げて、ニーズを明らかにしていく、講師として難しい研修です。
しかし、始まって最初の1,2時間で不安がなくなりました。
家弓さん、スタッフさんが、冷静に第三者の視点で、受講生の課題をどんどん掘り下げてくれました。「この場合、その対策をすると誰がうれしいんですか?」「それは誰ですか?」「何がうれしいの」と何度も質問を投げかけていきます。
また、受講生の質問や回答にも、その場で的確にフィードバックしていきます。また、受講生だけでのグループワークのときでも、直前の講師フィードバックで使っていた「誰がうれしいの?」「何がうれしいの?」「それは誰の問題?」といった言葉が受講生同士で使われていました。ニーズヒアリングの共通言語ができていた。

この研修の詳細ページへ

ファシリテーション研修

株式会社テレコムスクエア様では、会議効率化・ホワイトカラー生産性向上のため「ファシリテーション研修」を開催しました。

会議の全体像、会議のメカニズム、体系的ファシリテーションスキルが、各メンバーの中にしっかり腹落ちしたのがよかったと思います。
ファシリテーション研修を受講した各メンバーから、「会議をよくしたい」「ぜひ会議効率化を実現したい」という意欲を強く感じます。
現在、ファシリテーション研修を実施して約2ヶ月です。正直明日にも忘れてしまうような研修が多いなか、シナプスさんのファシリテーション研修は、血が通っている感じです。その結果、学びの効果が長く持続している印象です。

この研修の詳細ページへ

デジタルマーケティング研修

日本ユニシス株式会社では、数年前よりマーケティング社内研修をシナプスに依頼しています。今回は、日本ユニシスが、それぞれの研修を追加導入した経緯や感想を、組織開発部の太田 志保さんにお伺いしていきます。

"なかなかマーケティング専門の研修会社さんってないんですね。
MBA的なマーケティングの知識を教えるところはあります。
しかし、マーケティングの実践的なプログラムが必要とされているので、我々の方に入り込んで踏み込んだプログラムを作るなど、深いところに応えてくれる研修会社さんは、とてもありがたいです。"

この研修の詳細ページへ

大手通信販売事業者さま

マーケティング研修

デジタルマーケティング研修

同社は、これまでカタログ通販、TV通販で成長を遂げてきました。 しかし、ECの取り組みは十分とは言えず、ようやく専門部署を立ち上げたばかりで、そのメンバーに基礎教育をしたいという課題をお持ちでした。

現在、通信販売のひとつのチャネルとしてECを強化していく方針です。
その一環として専門部隊を立ち上げたのですが、個々のメンバーの知識やスキルにもばらつきがあり、問題意識を持っていました。
まずマーケティングの基本とデジタルマーケティングの全体像をカバーするとともに、最新のトレンドなどを紹介していただき、メンバーの共通言語ができたと感じています。

【IT業界】大手情報通信企業さま

マーケティング研修

VOCマーケティング研修

同社では顧客指向を強化するために、VOCというキーワードを社内で掲げ、マーケティング力の強化に取り組んでいます。 その一環として、各部署のマネジャークラスの方を選抜し、VOCマーケティング研修を実施することになりました。

営業、技術、企画各部門のメンバーから構成されるチームで、VOCをもとに基本戦略を再構築するワークショップを開催しました。
普段は顧客と接点を持っていないエンジニアも、VOC(顧客の声)に触れることで新しい発見やアイディア創造のヒントとなり、戦略構築とともに新ソリューションの企画にもつながりました。

【IT業界】大手システムベンダーさま

マーケティング研修

マーケティング研修

同社では、以前からマーケティング研修を実施していましたが、昨今の事業環境の変化に伴って、営業やSEがデジタルマーケティングに関する知見を高める必要に迫られ、デジタルマーケティング研修の実施に至りました。

最近デジタルマーケティングに関連するプロジェクトが増えています。
これまでは自社のツール紹介と技術的な提案に留まっていました。
しかし、担当部署もマーケティング部門となり、これまでの技術的な提案だけではお客様の要望に応えきれません。
デジタルマーケティング研修によって、マーケティング視点で顧客ニーズを捉え、付加価値の高い提案を考えられるようになってきたと実感しています。