1.建築設計会社向けのプレゼンテーション研修事例


「建築設計会社向け」「建築事務所様向け」プレゼンテーション研修事例です。

ロジカルプレゼンテーション研修」」をカスタマイズ提供しました。プレゼンテーションの基本習得後、実際の過去建築設計コンペ資料を使いながら、プレゼンテーション資料構成をグループで改善しました。


受講対象者:設計コンペでプレゼンテーション機会が多いマネージャ層


建築設計コンペで、「実際にプレゼンテーションを行うマネージャ層」及び「設計部門のプレゼンテーション機会が多い社員」合計20人です。

1.建築設計コンペ勝率向上にプレゼンテーション能力向上が必要

建築設計会社・設計事務所で最終的に設計を受注するにはコンペプレゼンテーションに勝ち残ることが必要です。

近年、設計能力だけで大きな差別化を行うことは並大抵のことでありません。そのため建築業界では「コスト競争に陥り低採算受注が多い」という状況です。コスト競争を避けるには、自社の建築設計提案内容を魅力的に見せるプレゼンテーション能力も重要です。

2.建築設計会社様プレゼンテーション研修カリキュラム事例

2-1.コンペ勝率を上げるビジネスプレゼンテーション研修日程:1.5日間

  1. Day1:実際にコンペプレゼンテーション提案が想定されるリアルなテーマで、プレゼンテーション作成ステップを体感学習
  2. Day2:実際の過去コンペ資料を使って、プレゼンテーションの改善方法をディスカッション


2-2.Day1:プレゼンテーション作成の基本4ステップをリアルな事例で学習

  • 1日の研修を通して、コンペプレゼンテーションをテーマとし、1人1人の受講生が「コンセプト→シナリオ作成→ドキュメント作成→デリバリ」を体験しました。
  • プレゼンテーション研修テーマ事例
    「顧客B社の新規事務所建築設計の一次選考プレゼンテーションが開催されることになりました。プレゼンテーション時間は5分です。
    ※なお、参加人数は10名でプロジェクターに投影してプレゼンテーションをおこないます。」

2-3.Day2:実際の過去コンペプレゼンテーション資料を改善して発表

  • 5人ごとにグループを作り、各グループ代表1名が実際の過去コンペで使ったプレゼンテーション事例を発表します。(10分程度)
  • 発表後1つのテーマごとに、プレゼンテーションフィードバックシートの記入、全体ディスカッション、講師フィードバックを行います。
  • フィードバックを元にグループごとにプレゼンテーション資料構成のバージョンアップを行います。

参考情報

「ロジカルプレゼンテーション研修」手書き演習で資料構成力UP

「ロジカルプレゼンテーション研修」では、自社課題のリアルなプレゼンテーマで、プレゼンテーション作成の4ステップを実践します。

「相手を動かすこと」を目的として、説得力のあるストーリーのあるプレゼンテーション資料構成に集中するため、紙だけを使った手書き紙芝居形式でのプレゼンテーション資料作成作業を行います。

研修プログラムの詳細は『 「ロジカルプレゼンテーション研修」手書き演習で資料構成力UP 』をご覧ください。


資料請求・お問い合わせ

シェアする