研修開催を検討時に、「そもそも研修費用は、どう計算されるのか」という疑問がある方も多いでしょう。シナプスの「企業研修費用算出の基本的な考え方」について解説します。

なお、シナプスの企業研修は、お客様企業へ講師を派遣する「講師派遣型」が基本です。

1.研修費用の内訳基本8項目

研修費用の内訳となる基本的な項目を記載します。

  1. 講師派遣費用
  2. テキスト費用
  3. カスタマイズ費用
  4. 備品費用
  5. 講師交通費・宿泊費
  6. 講師用弁当・水
  7. 研修会場費用
  8. 追加添削・フォローアップ費用

2.研修費用各項目の内容

2-1.講師派遣費用(1日当たり)

最も基本的な費用です。一般的に「講師稼働1日当たり●●万円」という費用計算となります。例えば、合計3日間のカリキュラムであれば、1日当たり講師費用×3日分が、合計講師派遣費用です。

なお、講師派遣費用は、通常受講者人数による変動はありません。例えば、受講生が19名と20名の1日当たり講師派遣費用は同額です。

このため、1度に多くの受講生を受け入れた方が、1人当たりの研修費用は低くなります。ここで、講演形式のような、講師からの一方向レクチャーであれば人数増加による教育効果の低減はあまりありません。しかし、演習形式でのグループワークや全体ディスカッションを中心とした研修では、研修効果が下がる上限人数がありますので、注意ください。

参考として、標準的な演習やケースを使った研修では「30人程度」、自社課題を使った実践演習では「20人前後」が研修効果が落ちない受講上限人数です。

2-2.テキスト費用(講師派遣費用に含む)

シナプスでは、基本的にはテキスト費用は、講師派遣費用に含まれます(追加費用なし)。

なお、シナプスからお客様へファイルベースでご提供し、お客様側で印刷いただくのが通常の流れです。(※シナプスで印刷を承る場合は、別途テキスト費用をいただきます)

2-3.カリキュラムカスタマイズ費用(通常追加なし)

シナプスの企業研修では、ほぼすべてのお客様で、受講生層や企業様の状況により、カリキュラムをカスタマイズします。このとき、シナプスの様々なベーステキストを元にお客様に応じた入れ替えなどの、基本的なコンサルティング・チューニングなどは、追加費用は発生しません。ただし、「お客様に合わせて、ゼロベースでカリキュラムを構成する」など、大幅なテキストの改定・新規作成が必要な場合、企画費などが追加発生することがあります。

また、シナプスでは、研修テーマとして、自社課題を解決する実践型研修を多く開催しています(「社内研修テーマは実践的な自社課題がオススメ」参照)。自社課題設定テーマはコンサルタントとのミーティングにより決定します。テーマ設定ミーティングなどのコンサルティングサポート費用も基本はかかりません。なお、研修準備に当たり、お客様特定の大幅な稼働がかかる場合(コンサルタントの事前調査など)は、追加費用が発生する場合があります。

2-4.研修用備品費用(お客様用意)

講座中に利用する各種備品、「プロジェクター」「プロジェクター投影用PC」「ホワイトボード」「サインペン」「フセン紙」「模造紙」「A4白紙」は、お客様にて用意ください。

2-5.交通費・宿泊費用(実費請求)

交通費は、実費を請求します。また東京から遠方での開催の場合、講師は前泊しますので、、宿泊費も実費請求します。

2-6.講師用弁当・水

当日、講師用に水を用意ください。なお、弁当の用意は通常不要ですが、研修会場が、工場施設など、付近で講師が食事をすることが困難な場合は、弁当の用意・社員食堂の利用手配などを準備ください。

2-7.研修会場費用(通常不要、外部会場は実費)

講師派遣型研修では、多くの場合、お客様企業の会議室を会場として利用します。

もし、社内に適切な会議室の空きがない場合、外部の貸し会議室などを利用する場合があります。貸し会議室は実費費用がかかります。

2-8.追加添削・フォローアップ費用(オプション見積)

研修日当日以外の講師作業、例えば、受講生の個別課題添削、研修後のフォローアップなどは、追加費用となります。

個別の添削・フォローアップをご希望されるお客様は、担当コンサルタントにご相談ください。


資料請求・お問い合わせ

シェアする