再認知率とは

再認知名度とは、ある事柄を助けを借りずに思い出せる認知率のことです。

方法としては、再認法を用いて記憶を測定します。再生知名よりも記憶の量は多くなります。
あるブランド名を手がかりとして与えられた時、そのブランドへの認知を確認できることを「助成想起」といいます。「想起」とは「思い出すこと」を意味します。
再認知度では、こうして助成想起した比率を、「助成想起率」あるいは、「認知率」「再認知率」と呼びます。

再認知率のはかり方

再認知度をはかるには、例えば、ロゴマークを書いたカードを見せて知っているブランドを答えさせたり、広告を見せて見た記憶があるかどうかを答えさせるといった様な調査方法をとり測定します。
具体的には、例えば、「iPhoneを知っているか?」というような質問をします。ここで「知っています。」と答えれば「iPhoneを再認知できた」ことになります。

助成想起と純粋想起

なお、ノーヒントで想起できる場合は、助成想起に対して純粋想起と呼ばれます。

参考情報

1.「再認知名度」に関連する用語集




マーケティングの基本を学ぶ企業研修

「マーケティング研修基礎」は、1万人が受講したマーケティング基礎プログラムです。「マーケティング戦略基本プロセスの流れ」「論理的思考法」「顧客ニーズの本質」を学びます。単なる知識に終わらずマーケティングの実務応用に使える論理的マーケティング思考法を身につけます。「マーケティング戦略思考」を共通言語として組織浸透させるための社員集合研修として最適です。

研修プログラムの詳細は 『「マーケティング研修基礎」共通言語で顧客思考の組織を作る方法』をご覧ください。


シェアする