プロダクト5層モデルは、顧客の視点から製品の価値構造を把握するフレームワークです。

5層とは、「中核」「基本」「期待」「膨張」「潜在」の5つです。

「中核」「基本」「期待」に該当する価値が満たされていないと、顧客は不満を感じるが、膨張、潜在に不足があっても不満とは感じません。一方、「膨張」「潜在」が高まることで、顧客からは付加価値が高いと捉えられるようになり、購買動機を高める要素になりえます。

参考情報

1.「プロダクト5層モデル」に関連する用語集




「プロダクト戦略」を学ぶ企業研修

「マーケティング研修基礎」は、1万人が受講したマーケティング基礎プログラムです。「マーケティング戦略基本プロセスの流れ」「論理的思考法」「顧客ニーズの本質」を学びます。単なる知識に終わらずマーケティングの実務応用に使える論理的マーケティング思考法を身につけます。「マーケティング戦略思考」を共通言語として組織浸透させるための社員集合研修として最適です。

研修プログラムの詳細は 『「マーケティング研修基礎」共通言語で顧客思考の組織を作る方法』をご覧ください。


シェアする