1.KJ法とは

KJ法とは、文化人類学者の川喜田二郎(東京工業大学名誉教授)がデータをまとめるために考案した創造性開発の手法である。KJは考案者のイニシャルにちなむ。

1-1.KJ法の概要

アイデアや意見、または各種の調査の現場から収集された雑多な情報を1枚ずつ小さなカード(紙キレ)に書き込み、それらのカードの中から近い感じのするもの同士を2、3枚ずつ集めてグループ化していき、それらを小グループから中グループ、大グループへと組み立てて図解する。
この一連の作業の中から、テーマの解決に役立つヒントやひらめきを生み出す技法。

1-2.KJ法の使い方


KJ法のイメージ

KJ法の使い方としては、フィールドワークで多くのデータを集めた後、あるいはブレインストーミングにより様々なアイディア出しを行った後の段階で、それらの雑多なデータやアイディアを統合し、新たな発想を生み出すために行われるのが一般的です。


2.KJ法によるアイデア発想のやり方


KJ法は4ステップから構成されています。

  1. カードの作成
    1つのデータを1枚のカードに要約して記述する。(※1枚に1つのデータだけ。複数書き込まない。)
  2. グループ編成
    数多くのカードの中から似通ったものをいくつかのグループにまとめ、それぞれのグループに見出しをつける。
  3. 図解化(KJ法A型)
  4. 叙述化(KJ法B型)



参考情報


「アイデア発想力」を学ぶ企業研修

「「新規事業アイデア発想ワークショップ」-メンターと鍛える」は、「事業アイデア創出」を体感しアイデア発想力を構造させるワークショップです。講師とのメンタリングで、新規事業アイデア創造を実際に行い、事業アイデア創造のスキルとマインドを身につけます。

研修プログラム詳細は『「新規事業アイデア発想ワークショップ」-メンターと鍛える』をご覧ください。


シェアする