マーケティングソリューションカンパニー、シナプスでは様々な有名企業をはじめとして豊富なコンサルティング経験があります。

1.シナプスのマーケティングリサーチコンサルティング

市場規模の推定、顧客のデプスインタビューの設計と実施、ターゲットの特定など、リサーチの設計から実施までコンサルティングを行います。

マーケティングリサーチの実施までの手順

調査実施は次のステップで行います。

1.戦略課題の特定
2.仮説設計
3.調査設計
4.調査票作成
5.実査
6.調査結果分析
7.戦略構築、修正

1.戦略課題の特定
貴社の事業環境や戦略の実行状況を分析し、何を解決すべきなのか、何を意思決定すべきなのかを特定します。
シナプスが支援させて頂くこともあれば、クライアント様に事前に特定していただくケースもございます。

2.仮説設計
調査にあたり、仮説を組み立てます。ここでいう仮説とは、「調査結果として想定されること」「意思決定をすることによって想定されるインパクト」の二つを指します。
この仮説を組み立てるために、クライアント様が保有する情報(今までに取得している市場環境、競合環境の情報や、売上・利益などの数字、商品やリソースなどの情報、業界慣行や今後の予測など)をご提供いただきます。同時に、必要に応じて、シナプスにて公開情報の収集も行います。

3.調査設計
仮説に基づいて、「いつ」「誰に」「何を」「どのように」確認するのかを設計します。

4.調査票作成
具体的な質問項目を設計します。アンケート調査の場合には、設問や設問選択肢、回答欄なども作成します。

5.実査
調査を実施します。シナプスで調査を行う場合、消費者調査の場合は、消費者パネルを保有する調査会社、法人聞き取り調査の場合は専門調査員に調査を委託することがほとんどです。そのため、進行管理や品質チェックなどを行います。

6.調査結果分析
得られた結果を分析し、仮説を検証します。仮説のYes/Noだけでなく、新たに推定される仮説なども併せて検討します。

7.戦略構築、修正
最終的に、どのような意思決定が妥当なのか、戦略のご提案を行います。これはテーマやご契約内容により、シナプスが支援する場合と、クライアント様が独自で行う場合があります。いずれのケースでも、最終報告では戦略構築に関するディスカッションを実施させて頂き、クライアント様にとって重要な意思決定ができるように支援いたします。

2.リサーチテーマ

リサーチテーマとしては、次のものがあります。

  1. 消費者調査(BtoC調査)
  2. 法人顧客調査(BtoBビジネスにおけるマーケティングリサーチ)
  3. 競合企業調査

2-1. 消費者調査(BtoC調査)

消費者調査のテーマとして代表的なものとしては、
・市場参入のための市場規模推定と参入シナリオの作成
・顧客の現状実態把握とインサイト発見
・セグメント調査から、ターゲット・ポジショニングの設定
・価格弾力性調査
などがあります。

主に、インターネット調査による定量調査とFGI(Focus Group Interview)やデプスインタビュー調査などの手法を組み合わせ、マーケティング課題の解決を支援します。

2-2. 法人顧客調査(BtoBビジネスにおけるマーケティングリサーチ)

法人顧客調査のテーマもBtoCと同様に、
・市場参入のための市場規模推定と参入シナリオの作成
・企業顧客の現状実態把握と本質ニーズの把握
・セグメント調査から、ターゲット・ポジショニングの設定
・価格弾力性調査
などがあります。

テーマとしては大きく変わりませんが、BtoB市場の場合は調査手法が聞き取り調査主体になります。
専門調査員による電話インタビューや、派遣して対象企業に対して聞き取りを行い、マーケティング課題の解決を支援します。

2-3. 競合企業調査

競合企業調査は、
・競合企業のリソースの把握
・競合企業の戦略の推定
・自社が戦略行動をとった場合の競合の反応の推定
などがあります。

専門調査員を派遣して、事実情報を把握するとともに、そこから推定される戦略や今後の行動を推定します。


シェアする