~ 花王の徹底した「顧客理解」を支えるデジタルマーケティング存在意義 ~

花王といえば、皆さんご存じのように家庭用品と化粧品という2大消費財メーカーとして、国内トップクラスのシェアを誇る会社です。その花王が今、デジタルマーケティングで大きく注目を浴びています。なかには、消費財メーカーとデジタルマーケティングがうまく繋がらない方もいるかもしれません。

しかし花王は、早い時期から徹底した「顧客理解」の精度をより高めるため、一般的な調査だけでなく、エスノグラフィ等を活用し、あらゆる生活のシーン、コミュニケーション接点での顧客データを蓄積し、「顧客目線」「顧客の立場」に徹し、商品開発や新規事業開発に活用してきました。
それにより、経営層、マネジメント層から若手の社員に至るまで、顧客情報やデータを読み解き、それをもとに議論をし、意思決定を行うというデータドリブンな組織になりつつあります。

さらに2000年以降、花王の顧客理解や広告コミュニケーションも従来の手法に加えて、幅広くデジタル接点やデジタルデータを活用したものへと深化してきました。このような花王のデジタル化を長年にわたり推進し、2014年にデジタルマーケティングセンターを新設されたのが、今回のCMOセミナーで講演頂く花王株式会社の石井龍夫氏です。
今回石井氏には、花王という会社がデジタルマーケティングに何を期待し、どんな役割を持たせているか、その役割を発揮するためにどのような組織体制になっているのか、そして石井氏の考えるマーケティング論、デジタルマーケティング論とは何かをお話頂く予定です。
自社のデジタルトランスフォーメーションを課題に捉えている方には、非常に参考になり得るものが多い機会になることと思います。



講演者:花王株式会社 石井龍夫(いしい たつお)氏


花王株式会社 デジタルマーケティングセンター
シニアフェロ― 石井龍夫氏

1980年花王に入社、販売部門を経験後、事業部門でブランドマーケティング業務に14年携わり、メリーズ・ロリエ・ビオレ・アジエンス等のブランドマネージャーを歴任。2003年から花王のweb活用戦略と企画運営に携り、2014年3月には、デジタルマーケティングセンターを新設、2017年1月に退任するまで花王のデジタルマーケティング活動を統括。
社外では、日本マーケティング協会のマーケティングマイスターやデジタルメディア広告電通賞の審査委員長、adobeマーケティング創世の会の理事長も務める。

プログラム概要

◆18時30分 : 受付開始
◆19時~19時5分 : ご挨拶 株式会社シナプス代表取締役 家弓正彦
◆19時5分~20時5分 : 花王株式会社 石井龍夫氏 講演
◆20時10分~20時40分 : 対談(訊き手 株式会社シナプス 村上佳代)
◆20時40分~20時50分 : 質疑応答
◆21時~22時 : 懇親会

開催内容

日程: 2017年9月21日(木)
時間 : 19:00~22:00 
セミナー料金:
8月中お申込みの場合 3,500円(税込み)振込期日9/5(火) /
当日支払いの場合 4,000円(税込み)
懇親会料金:無料

会場


会場 : TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター 8階8C
〒104-8388
東京都中央区京橋1-7-1
http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-tokyo-yaesu/access/

●JR京浜東北線、京葉線、山手線、総武線、東京駅 八重洲中央口 徒歩5分
●東京メトロ丸ノ内線 東京駅 八重洲中央口 徒歩5分
●東京メトロ銀座線 京橋駅 7番出口 徒歩2分
●東京メトロ東西線 日本橋駅 徒歩5分
●都営浅草線 日本橋駅 徒歩5分
●東京メトロ銀座線 日本橋駅 徒歩5分

お申し込み

下記のお申し込みフォームよりお申し込みください。お申し込み後、事務局よりお申し込み確認のメールを差し上げます。


お申し込みフォーム