ビジネスは問題解決の連続です。企業を取り巻く環境が急速に変化する中、解決すべき問題も多様化・複雑化しており、これをいかに速く的確に処理していくかが、企業の優位性を左右するといっても過言ではありません。問題解決力を高め、短時間で高い成果を出していくことが、全てのビジネスパーソンに求められていると言えるでしょう。 このセミナーでは、問題解決の基本ステップ(解決すべき問題を正確に捉え、問題点を絞り込み、原因を突きとめ、解決策を考える)を理解し、演習を通じて自身のビジネスに活用する力を習得します。 問題解決における実践的なスキルを身につけたい方におすすめです。

開催概要

※本講座はSMBCコンサルティング株式会社との共催で開催します。

開催日程

1月期

2020年2月26日(水)

時間:10:00~17:00

会場

三井住友銀行呉服橋ビル

受講料

34,100円(税込)

このような方にオススメです

  • 問題解決力を高めたい方
  • 問題解決スキルを自身のビジネスに活用したい方

問題解決の基本と解決策を導く4つのステップ:カリキュラム


オープニング

「問題解決スキル」の全体像を理解し、ビジネスにおける活用方法とそのポイントを学びます。
自身のビジネスにおける課題を明確にし、問題解決スキルを実際にどう活用していくかを確認します。

1)講座の目的の理解
2)問題解決とは何か?

STEP1 問題の定義 ~何が問題か?~

ビジネスにおける問題の定義の考え方を理解します。
普段、何気なく「問題」と言っているものが本当に問題なのか、何を解決すべきなのかを考えるためのポイントを理解します。

1)問題の定義
2)重要なことに集中する

  • 【演習】レストランオーナーへのアドバイス ~何を解決すべきかを考える~

STEP2 問題点の発見 ~どこが問題か?~

問題点を分析するための手法と問題点の絞り込みの手法を理解します。
今までの切り口だけでなく、新たな切り口をどのように見出すか、そのための手法も理解します。

1)問題点の分解とは
2)分解の手法

  • ロジックツリー、MECE
  • 四則演算
  • プロセス分解

3.問題点の絞り込み

  • 【演習】売上の切り口を考える
  • 【演習】売上低迷の問題点分析 ~分解のテクニック~
  • 【演習】F社の問題点 ~問題点の絞り込み~

STEP3 原因分析 ~なぜ起こったか?~

問題解決に必要な原因分析の考え方を身につけます。
「なぜ?」の考え方を訓練するとともに、ビジネスにおける因果関係を見出すための因果構造図の書き方を理解します。

1)因果関係
2)因果構造図
3)課題の抽出

  • 【演習】問題の構造を明らかにする ~因果構造図の書き方~
  • 【演習】課題の抽出

STEP4 解決策立案 ~どう解決するか?~

今までにない解決策を考えるためのアイデア出し手法を理解します。

1)解決策の出し方:ブレインストーミング
2)最良の解決策の選択

  • 【演習】従業員のモチベーションを上げるアイデア ~アイデア出しを体感する~

講師

後藤 匡史(ごとう まさふみ)


1973年生まれ。1997年横浜国立大学卒業。1999年横浜国立大学大学院、前期課程修了。2009年グロービス経営大学院卒業(MBA)。 1999年より株式会社アイネスに入社。システムエンジニアとして、流通業、製造業、サービス業など幅広い分野の情報システムの開発業務に従事し、仕様の検討や設計から開発までを担当。 2007年、株式会社シナプスに入社。コンサルタントとして、主にマーケティング戦略や新規事業開発などのコンサルティングプロジェクトに携わる。 マーケティングの研修コンテンツやケース開発、研修講師にも従事。


『問題解決の基本と解決策を導く4つのステップ』お申込みはこちら


シェアする