~自分の小さな箱(内向きのマインドセット)から脱出する方法とは?
上司と部下のコミュニケーションを改善する
部門間の連携を良くして協力関係を築く
組織風土を改革し、社員のモチベーションを高める

上記のような課題を解決するために、コミュニケーションスキルを高める研修を実施する、情報共有の仕組みを構築する、複数部署のタスクフォースチームを作ってプロジェクトを推進するなど、多くの企業で様々な取り組みが行われています。しかし、実際のコミュニケーションが改善されるのは難しく、お互いに分かり合えず無用な対立が続いてしまうことも見受けられます。

このように、いくら「知識」や「スキル」が身についても、あるいは制度や環境が整ったとしても、行動に変化が起きなかったり、行動が持続しないのは何故でしょうか?それは、「マインドセット」に変化が無かったからです。組織に変化を生み出すために必要なことは、行動を変えると同時に「マインドセット」に変化をもたらすことです。

『The Outward Mindset』は、相手を「モノ」として見る「内向き思考」から、相手を「人」として見る「外向き思考」にマインドセットの変化を促します。それによって、お互いの関係に変化が生まれ、より良い行動が持続することを可能にします。

この『The Outward Mindset』は、日本において累計25万部、世界で150万部のベストセラー「自分の小さな『箱』から脱出する方法」の内容を基にし、企業の組織風土改革、対立解決、マインドセット変革の第一人者であるアービンジャー・インスティチュートが提供する研修プログラムです。

開催概要

※本講座は株式会社パーソル総合研究所主催、シナプス協賛となります。

開催日程

1月期

当講座は主催者側事情により閉講となりました。

会場

東京ミッドタウン・カンファレンス

受講料

55,000円(税込)


講座カリキュラム


内向きのマインドセット

  • 行動の裏にある心の持ち方
  • 厳しい行動・優しい行動
  • 個人ツール5:Key Objective Map
  • 自己裏切り
  • 自己正当化
  • 内向きのマインドセットのタイプ

内向きのマインドセットがもたらす影響

  • 共謀

内向きのマインドセットから外向きのマインドセットへ

  • 影響のピラミッド
  • 外向きのマインドセットへ向かうステップ

講師

岩崎 真也(いわさき しんや)

パーソル総合研究所 フェロー

大手アパレル小売業を経て、1997年テンプスタッフ株式会社(現・パーソルテンプスタッフ)入社。2007年テンプスタッフラーニング株式会社 代表取締役社長に就任。様々な分野の専門家とのCo-Creationにより、今までにない新しい人材開発プログラムを開発するとともに、数多くの顧客企業の人材育成・組織開発をプロデュース。2017年よりパーソル総合研究所 取締役執行役員ラーニング事業本部長に就任。
2018年11月、組織開発コンサルタント・研修講師として独立し、現職。

種部 吉泰(たねべ よしやす)

パーソル総合研究所ラーニング事業本部 人財育成ソリューション部 部長 人材開発コンサルタント

筑波大学大学院 ビジネス科学専攻 経営システム科学専攻 博士課程(前期)修了。人材育成学会会員。 1999年に人材開発コンサルティング会社に入社。以来、人や組織のパフォーマンス上の課題解決に従事している。 医療業界(医薬品・医療機器)を中心に、国内のリーディングカンパニーにて、主にミドルマネジャー養成や営業力強化といった領域においてサービスを提供。リサーチ業務 および リサーチ結果に基づくトレーニングの開発・実施に長く携わっている。研修講師歴は約20年。2017年9月より現職。トレーニングプログラムを中心とした、各種ソリューションの開発に従事。


シェアする