マーケティング部門に必要なスキルと研修プログラム一覧をまとめました。


0.マーケティング部門向け研修マップ


ソリューション提案には、以下の4つのステップがあります。


1.マーケティングコアスキル

マーケティング部門に必要なのは、まずは本質的なマーケティングスキルです。

1-1.BtoBマーケティング研修(基礎編)(初級向け)

BtoB企業向けにマーケティング思考の基本を組織共通言語化するための研修です。マーケティング戦略プロセスエッセンスを抑えつつ、BtoBに精通したコンサルタントが「DMU」「購買プロセス」「経済合理性」など、BtoBマーケティングならではのポイントも解説します。

研修プログラムの詳細は『 「BtoBマーケティング研修(基礎編)」-共通言語を作る』をご覧ください。

BtoC企業向け基礎研修

1万人が受講したマーケティング基礎プログラムです。「マーケティング戦略基本プロセスの流れ」「論理的思考法」「顧客ニーズの本質」を学びます。単なる知識に終わらずマーケティングの実務応用に使える論理的マーケティング思考法を身につけます。「マーケティング戦略思考」を共通言語として組織浸透させるための社員集合研修として最適です。研修プログラムの詳細は
「マーケティング研修(基礎編)」-1万人受講の看板講座』をご覧ください。

1-2.BtoBマーケティング研修(実践編):中級向け

「BtoBマーケティング研修(実践編)」では、自社商品のマーケティング戦略、自社の顧客業界分析など、BtoB経験豊富な講師兼コンサルタントのファシリテーションとフィードバックにより、実務のマーケティング戦略をワークショップで検討します。

リアリティのある身近な課題を解くことで机上の理論が腹落ちしたスキルになります。また、組織全体で同じ課題を共通フレームワークで議論することで、組織の課題意識醸成と、組織内共通言語ができます。

研修プログラムの詳細は『 「BtoBマーケティング研修(実践編)」-自社課題演習』をご覧ください。

1-3.顧客ニーズヒアリング研修(中級向け)

BtoB企業攻略のキモ、顧客ニーズヒアリング力を高める企業研修です。仮説思考を用いた論理的ニーズヒアリングプロセスを身につけます。実在の顧客を題材にワークショップ形式でコンサルタントの仮説検証ノウハウを伝授します。

研修プログラムの詳細は『 「顧客ニーズヒアリング研修」-仮説思考で深めるお客様理解』をご覧ください。

2.マーケティング推進力強化

マーケティング部門では、部門横断でプロジェクトをまとめることが多いものです。基本的なマーケティングスキルに加えて事業推進・プロジェクトマネジメントのための能力が合わせて必要です。

2-1. ロジカルプレゼンテーション研修:戦略を伝え動いてもらう力

「ロジカルプレゼンテーション研修」では、「相手を動かすこと」を目的として自社課題などのリアルなテーマで、プレゼンテーション作成の4ステップを実作業で体感します。

プレゼンテーションの本質的作成プロセス、プレゼン資料構成に集中いただくために、あえて紙を使った手書きでのプレゼンテーション作成をオススメしています。

研修プログラムの詳細は『 「ロジカルプレゼンテーション研修」-手書きで学ぶ資料構成 』をご覧ください。

2-2.ひきつける話し方研修(コミュニケーション力アップ)

コミュニケーションのプロ中のプロ。 アナウンサーが相手の心をひきつける声と話し方を伝授します。

研修プログラムの詳細は『「ひきつける話し方研修」-信頼構築にすぐ役立つ』をご覧ください。

2-3.ファシリテーション研修:社内をまとめる力

効率的会議運営のファシリテーションスキル学ぶ企業研修です。明日から使えるファシリテーションテクニックをロールプレイで学習します。

研修プログラムの詳細は『「ファシリテーション研修」-すぐ使えるファシリテーターのコツ』をご覧ください。

2-4.アカウンティング(数字力強化)

  • 事業経営者、商品企画者として必要な財務知識(PL,BS)と数字のセンスを身につける
  • BSとPLのつながりを理解する
  • 数字(アカウンティング)に対する嫌悪感をなくす
研修概要 研修内容
PL(儲け:損益計算書)が何かを理解する
  • 儲けの原動力(費用)って何? 【原価と販売管理費】
  • 儲けの瞬間っていつ? 【売上計上基準】
  • 儲けと消費税の関係は? 【消費税】
  • 【演習】PL総合演習問題
  • BSとPLを静的に理解する
  • PL(儲け)だけではダメな理由
  • BS(貸借対照表)とは何か?
  • 【演習】我が家のBS、PLを作る
  • BSとPLの関係
  • 【演習】BS、PLの概観から企業を分析する
  • BSとPLを動的に理解する
  • BS、PLの基本的な動き方
  • 【演習】ビジネスシミュレーションによるPL≠CFの体感
  • 3.事業リーダー向け(プロジェクトリーダー向け)

    事業リーダー、事業リーダー候補には、選抜型で新規事業プロジェクトを行わせることや、リーダーシップの発揮も必要になります。

    3-1.選抜型で新規事業プランを作成するワークショップ型企業研修

    「新規事業開発ワークショップ」は新規事業にフォーカスし、顧客の声を元にコンサルタントのサポートを受けながら事業計画を作成するワークショップです。事業アイデア(新規事業のタネ)を、実際に何度も顧客ヒアリング(VOC取得)し、新規事業計画書の作成や事業機会の発見を行います。

    研修プログラムの詳細は 『「新規事業開発ワークショップ」-顧客の声を徹底収集』をご覧ください。

    3-2.リーダーシップ

    リーダーシッププログラム概要

    1. 経営戦略と組織行動とリーダーシップ論の関係
    2. リーダーシップとは
    3. 主なリーダーシップ理論
    4. 効果的なリーダーシップスタイルの条件
    5. 日本のリーダーシップの特徴
    6. 組織文化と行動
    7. 動機付け理論
    8. コミュニケーション

    資料請求・お問い合わせ

    シェアする