シナプスの企業研修では、代表家弓を筆頭に、「マーケティングプロフェッショナル」かつ「講師経験も豊富で人材育成のプロ」でもあるお客様担当コンサルタントが、企業研修設計を統括しお客様の組織力強化をサポートします。


シナプス企業研修担当コンサルタントの特長


企業研修コンサルタントの役割


シナプスでは、お客様ごとに担当の企業研修コンサルタントをアサインします。企業研修コンサルタントは、お客様企業の組織課題をヒアリングし、打合せを繰り返しながら、適切な企業研修プログラムを設計・ご提案します。

お客様担当コンサルタントは、カウンターパートとなり全体設計をし、講師と連携します。なお、全員が講師を兼務しているシナプスでは、担当コンサルタントが、講師を兼ねる場合もあります。

全員マーケティングコンサルタント 兼 講師 兼 人材育成コンサルタント

  • シナプスの企業研修コンサルタントは、全員がマーケティングコンサルティングの実務経験が豊富です。マーケティングを中心にそれぞれが得意分野を持った異能集団です。
  • シナプス企業研修コンサルタントは、全員が講師経験のある人材育成のプロフェッショナルです。講師目線の高い視野で組織強化につながる企業研修設計を行います。

※通常は、お客様担当コンサルタントと講師は役割分担し、担当コンサルタントが講師と連携します。担当コンサルタント自身が講師を務める場合もあります。

企業研修コンサルタント陣紹介

家弓 正彦(かゆみ まさひこ):シナプス 代表取締役


1959年生まれ。1982年松下電器産業株式会社入社。FA関連機器のマーケティング業務を担当し、市場調査、商品企画、広告宣伝、販売促進など広くマーケティング実務に従事。 その後、三和総合研究所にて経営コンサルティングに従事。

1997年、シナプス設立。経営戦略、マーケティング戦略構築から、マーケティング施策の現場導入を支援する。これまでベンチャーから一部上場企業まで400社を超える企業に経営戦略、マーケティングを中心とした経営提言、指導を行っている。

講師としては、企業からの社内研修を中心に、中央大学非常勤講師、グロービス経営大学院教授、SMBCコンサルティング講師、日経ビジネススクール講師、日経BPセミナー講師など、のべ約4万人以上の受講生に対する豊富な教職経験を有する。

趣味は、ゴルフとスキューバダイビング。

家弓正彦インタビュー

後藤 匡史(ごとう まさふみ):シナプス取締役


1973年生まれ。1999年株式会社アイネス入社。 システムエンジニアとして、流通業、製造業、サービス業など幅広い分野の情報システムの開発業務に従事し、プロジェクトマネージャーとしてシステムの問題解決に取り組む。

2007年、株式会社シナプスに入社。マーケティングコンサルタントとして、主にマーケティング戦略や新規事業開発などのコンサルティング、研修、ワークショップに携わる。

エンターテインメント業界からBtoB企業向け基幹部品など、幅広いコンサルティング経験と研修ワークショップ講師経験を持つ。趣味はバイク。

グロービス経営大学院経営学修士(MBA)

後藤匡史インタビュー


資料請求・お問い合わせ

シェアする