事業部や部門での人材育成・企業研修を検討される方は、人事部とは、また異なる課題感をお持ちです。

部署別の企業研修、人材育成を検討される方向けに、一般的な人事部主催と事業部などの部署主体の企業研修との違い、などをまとめました。


1.部署別での人材育成目的


企業研修検討主体は、大きく人事部門主催と事業部など個別部署主催の2つに分けられます。

開催主体 プログラム内容/目的
人事部門主体
  • 課長向け/主任向けなど研修など階層別の集合研修
  • ロジカルシンキング/マーケティング基礎/資格講座など共通スキル
  • 個別部署主体
  • 営業向けニーズヒアリング力向上/営業戦略立案など
  • マーケティング部門向けマーケティング力強化
  • 部署特性に合わせた研修を行いたい
  • すぐに実務に活かせる自社課題を実践的研修がしたい
  • 2.部署別開催の企業研修事例

    2-1.マーケティング部署向け:自動車部品会社様

    自動車部品会社様でのマーケティング部署向けのBtoBマーケティング研修事例です。

    マーケティング部での教育のスタートとして「BtoBマーケティング研修(基礎編)」からスタートしました。演習では、受講生がよりリアルにマーケティングプロセスを体感するため、自社商品を使った自社課題事例を扱いました。

    事例詳細は『「BtoBマーケティング研修(基礎編)」+自社課題事例』をご覧ください。

    2-2.セールスサポート部署向け:日本特殊陶業様

    日本特殊陶業株式会社様でのセールスサポート部門向け神座育成事例です。

    ロジカルプレゼンテーション研修(実践編)のワークショップで、セミナープレゼン資料構成をゼロから見直した事例です。

    事例詳細は『プレゼンテーション研修でセミナー資料構成をゼロベース刷新』をご覧ください。


    資料請求・お問い合わせ

    シェアする