「相手に伝わる話し方研修」-説得力ある声・話し方のコツでは、コミュニケーションのプロ中のプロ、アナウンサーが相手に伝わる話し方、説得力ある話し方のコツを伝授します。

話し方のコツは、最も汎用的で、しかも研修で、すぐに成果がが出やすいビジネススキルです。

1.相手に伝わる話し方が重要な営業/プレゼンター

1-1.顧客をひきつけ説得力ある話し方を身につけたい営業担当者

  • 営業パーソンなど、リアルな場で話し方、相手との信頼関係が重要となる方
  • 顧客とコミュニケーションを取る必要があるが、話し方に苦手意識のある技術者

1-2.説得力のある話し方で聴衆をひきつけるプレゼンター

  • コンペなどで、プレゼンテーション機会が多い方。話し方の説得力・印象が業務に直結する方
  • セミナーでのプレゼン機会が多く、聴衆をひきつけ、好印象を与え、説得力ある話し方ができる必要がある方

2.「相手に伝わる話し方研修」-説得力ある声・話し方のコツ -講師はプロアナウンサー


倉島麻帆(くらしま まほ) 
フリーアナウンサー、ビジネスボイスコンサルタント
(株)スマイルボイス 代表取締役

  • 2万人以上を好かれる話し方に変えたビジネスボイスコンサルタント。
    「声・話し方を変えることで、営業・販売員の売り上げが10倍にUPした」「無名の人がカリスマ講師に」等、枚挙にいとまがない。
  • 大学卒業後、大和証券勤務。新規開拓上位者として表彰されるも、アナウンサーへの夢が捨てきれず、アナウンサー歴21年。NHKでディレクターも務めた他、現在はNHKラジオ高校講座「現代文」に出演中。またNHK「Rの法則」等、多数メディアに出演。
  • アナウンサーとしての話し方の実務経験と長年の講師経験を活かした、声・話し方の表現力はもちろん、脳科学や心理学の科学的に裏付けられた話し方メソッドを使います。七色の声の発声法と笑顔の技術で、プラスのパワーあふれ、受講者を元気にポジティブに楽しい研修です。スキルはもちろん、自分に自信が持てます。

2-1.「相手に伝わる話し方研修」-説得力ある声・話し方のコツ修受講生の声


  • 「講師の倉島さんは、講義の内容を実践しており、ポイントのところでしっかり強弱や間・話すスピードなどを変えて参加者に説明していたため、聞き手としては、『ここが重要』ということを判断しやすかったです。」
  • 「講師の方は、すごくきれいで聞き取りやすい話し方をなさっていて、研修の講師やプレゼンターなど人前で話す上での”話し方”は、やはりとても重要であると感じました。」
  • 「1日の研修があっという間に感じられて、プロのすごさを実感しました。」
  • 「倉島先生は大変感じが良く、明るい雰囲気の研修でした。過去の受講者の事例を紹介してくださり、実際の効果を知ることができました。私も話し方研修で学んだことを実践したいと感じました」

3.相手に伝わる話し方のコツを、体を動かしすぐ役立つよう体感する企業研修

3-1.話し方の理論+実践ですぐ役立つテクニックを覚える


話し方研修の様子1:実際に声を出す、笑顔を作るなど体を動かす研修です。

「相手に伝わる話し方研修」-説得力ある声・話し方のコツでは、人前でのプレゼンテーションでの話し方を中心に、あなたの第一印象アップ、笑顔の作り方、アガらない話し方など、説得力を高める声と話し方ポイントを凝縮してお伝えします。

「声と話し方」は、一度身につければ一生使えるビジネススキルのコツです!


話し方研修の様子2:実際に声を出す、笑顔を作るなど体を動かす研修です。

「説得力のある話し方研修」中は、「話し方」「笑顔のつくりかた」「よい声の出し方」など、座学だけでなく実際に体を動かしながら、説得力のある話し方、好印象を与える声・身振りなどを体感します。


3-2.「説得力のある声と話し方研修」で信頼関係を築く


商談でのプレゼンテーション、会議での発言、電話応対。話す内容ももちろんですが、すべてに重要なのは「声」「話し方」です。メラビアンの法則」にもある通り、対面における聴覚情報の影響は38%ととても大きなものです。

例えば、小さい声、悪い滑舌、自信のない話し方では、説明する商品にも自信が無いように見えます。一方、ハキハキと大きく落ち着いた声で、上手な話し方で説明すると、人物はもちろん、商品さえ素晴らしく見え、説得力が上がるのです。

現代はメールなどの非対面でのコミュニケーションが増えました。しかし、重要な決定は、最終的には商談・プレゼンなど「リアルな場」で決まることが多いのです。対面でのコミュニケーションでは、声や話し方(ボディーランゲージ含む)のスキルも必要です。

説得力があり好印象を与える声・話し方を身につければ、あたなの良さを最大限に発揮できます。

4.「「相手に伝わる話し方研修」カリキュラム

研修日程:1日(研修7時間+1時間昼食休憩)

研修概要 研修内容
ゴールイメージの設定
  • 講師の自己紹介、アイスブレイクを交えながら、声・話し方の「ゴール・イメージ」を作り、最初に目標を明確にし、実技に入っていきます。
  • 説得力のある話し方・プレゼンテーションの技術とは
  • プレゼンテーションの3要素とは?
  • 相手をひきつける 話し方・プレゼンテーションの技術(視覚的・聴覚的・言語的要素)
  • 話し方実践①
    *2人1組でのワークも交え、実践で体得していきます。
  • 好印象を与える表情(笑顔)トレーニング&ボイストレーニング
  • 第一印象の重要性 (印象の自己チェック)
  • 好かれる表情(笑顔)の作り方の実践&ワーク
  • 説得力ある声になるための、姿勢、腹式呼吸、発声、滑舌
  • あがらずに堂々とした話し方ができるには
  • リラックス呼吸法
  • 声で相手の心を動かす話し方に!説得力が上がる表現力のトレーニング
  • あなたの話し方が生まれ変わる、表現力の徹底トレーニングとは?
  • イントネーション(抑揚)とプロミネンス(強調)があなたの話し方の個性を輝かせる!
  • ポーズ(間)を使いこなすには?
  • チェンジオブペース(緩急)とは?
  • ジェスチャーで声も変わる?!
  • 声で相手の心をひきつける話し方に!表現力のトレーニング
  • 話し方の実践グループ練習
  • 明日からの活動へと活かす、説得力のある声・話し方Q&A

  • 参考情報

    1.「「相手に伝わる話し方研修」に関連する企業研修

    「ロジカルプレゼンテーション研修」では、自社課題のリアルなプレゼンテーマで、プレゼンテーション作成の4ステップを実践します。

    「相手を動かすこと」を目的として、説得力のあるストーリーのあるプレゼンテーション資料構成に集中するため、紙だけを使った手書き紙芝居形式でのプレゼンテーション資料作成作業を行います。

    研修プログラムの詳細は『 「ロジカルプレゼンテーション研修」手書き演習で資料構成力UP 』をご覧ください。

    ※「ひきつける話し方研修」では、「伝え方」「話し方」のテクニックに集中します。一方、「ロジカルプレゼンテーション研修」は、ストーリーなどコンテンツの中身、プレゼン資料構成を重視します。

    資料請求・お問い合わせ

    シェアする