「ロジカルシンキング研修」では、6人までの少人数個別トレーニングで、実践で日常的に使える論理的思考力を身につけます。

「ロジカルシンキングは勉強したものの、一時的に終わってしまい、なかなか日常的に使えるようにならない」という声をよく聞きます。ロジカルシンキング研修では、「少人数制」「リアルな自分の実践課題持ち込み」「講師の論理思考個別添削フィードバック」により、一過性に終わらない日々仕事で使える実践的ロジカルシンキング力を鍛えます。


1.ロジカルシンキングとは


1-1.ロジカルシンキング3つのポイント -目的・構造・主張と根拠

わかりやすく、納得感のある文章・話し方がができるには

  • 目的を押さえ続ける
  • 構造的に考える
  • 「要は」「たとえば」を使いこなす
    「主張」と「根拠」のセットを使いこなす

「ロジカルシンキング研修」では、この3つ「だけ」を繰り返し行うことで、「日常的に使える」論理思考を目指します。

特に論理的な文章ライティング力をつけるのに有効です。

1-2.ロジカルシンキングはいつ使えるか

  • 説明する、聞く、説得する
  • 問題解決、戦略立案

ロジカルシンキングは、「説明」や「問題解決」に使えますが。「ロジカルシンキング研修」では「説明、聞く、説得する」を中心に自分自身のロジカルシンキング問題を題材として、何度も反復トレーニングして、論理思考を身につけます。

ロジカルシンキングなのに、「問題解決はやらないのか?」と思う方もいるでしょう。しかし、問題解決も分解していくと「いくつものロジカルシンキングを使った論理的説得の集合体」です。細かいことから大きなことまで、「多く人を説得し動いてもらう」ことが必要です。よってロジカルシンキングの基本を駆使して「わかりやすく説明する、聞く、説得する」能力を上げると問題解決実行力・事業推進力は上がります。


2.ロジカルシンキング研修の特徴


2-1.ポイントを3つに絞ってロジカルシンキングを反復練習

「目的を抑え続ける」「構造的に考える」「要はとたとえば」。わかりやすく納得感があり、相手を自分が狙った目的にそって動かす文章が書けるようになります。


2-2.日常のご自身の課題が演習問題、身近で毎日使えるロジカルシンキング


一部を除き「練習のための演習問題」ではなく、「日常のご自身の課題を演習問題」として使います。身近でな問題でトレーニングすることにより、毎日使えるロジカルシンキングを目指します。

過去のロジカルシンニング研修での問題事例

  • 『上司のAさんに、このプロジェクトを手伝ってほしい』
  • 『麻雀は意外と健康的』
  • 『ウォーキングはオススメ』
  • 『顧客キーマンに自社サービス開始に必要な人事制度導入を説得する』

仕事の悩みを論理思考トレーニング問題として持ち込み歓迎です。ロジカルシンキングを使ってみんなで一緒に考えましょう。


2-3. 6人までの顔が見える少人数制


講師が全員のロジカルシンキング課題を個別添削します。

少人数で実務の課題を考えます。

3.ロジカルシンキング研修講師紹介

海老原一司:株式会社シナプス チーフコンサルタント


  • 1974年生まれ。早稲田大学理工学部修士課程を経て 1999年日本テレコム株式会社入社。
  • 日本テレコム、フリービット、ビットアイル、プラスと一貫し 事業会社でのBtoBサービス事業開発経験を積む。 新規事業立ちあげから成長期までのプロダクトマネージャとして10年超の経験。 担当クラウドサービスを3年間で売上100倍にした実績を持つ
  • 営業、プロモーション、パートナー管理、サービス仕様、業務フロー作成、PL管理、 技術仕様設計、WebSEO対策、社内政治まで、 BtoB事業開発に関わるあらゆる業務を、自分で直接経験してきたのが強み。
  • 2014年シナプス入社。BtoBマーケティングスペシャリストとして、大手上場企業中心に 法人営業部門、マーケティング部門などを指導。お客様と二人三脚で人材育成プログラムを設計する。
  • 『立教大学経営学部講師』ロジカルシンキング実践「立教で一番楽しい授業」と評判。 日常で使える、「わかりやすくて、温かい論理思考」の普及を目指す。
  • 『グロービス経営大学院(MBA)』

4.ロジカルシンキング研修カリキュラム

4-1.ロジカルシンキング研修カリキュラム概要

  • 研修時間:3時間×6回(回数は応相談)
  • 研修人数:5~6人

  • ロジカルシンキング研修では、基礎レクチャーを除き、すべて『仮想的な課題ではなく現実の自分のロジカルシンキング課題を提出』
  • 自分の課題は、Day2のみテーマを提示。他は『自分の仕事で考えたい課題』を持ち込みます。
  • ロジカルシンキング課題は、徐々に難易度設定をあげるように講師が調整します。
  • 毎回ロジカルシンキングを意識して文章を書いてもらうので、ロジカルなライティング力がアップします。

4-2.ロジカルシンキング研修 各回の運営方法


  • 仕事で『できるだけ論理思考を駆使して送ったメール』を1人1通メーリングリスト提出
  • 2.前回のロジカルシンキング講義でフィードバックを受けたメールをライティングし直した文章をメーリングリスト提出

  • 全員分のメールをロジカルシンキングの観点からディスカッション+添削フィードバック
  • 再度ライティングした文章にフィードバック

4-3.なぜ『仕事のメール』をロジカルシンキング研修の課題として使うのか?


それは、『仕事のメール』はロジカルシンキングの題材として最も効果があるからです。

身近な自分の話で論理思考の使い方を学習できる

  • 論理思考教育の最大ハードルは題材が自分事でないこと
  • 自分の課題で学習し、実践に活かすことで日常的思考になる

仕事のメールなら多くの社会人はロジカルシンキング題材選びに困らない

  • 毎回「自分自身の課題」を出すのはハードルが高いが仕事のメールを転送するだけなら、少ない労

ロジカルシンキング講座で習ったことをすぐ実務に活かせる

  • わかりやすいメールの書き方、メールで気持ちよく相手に動いてもらう、など明日から使える。「使える」と「使いたくなる

課題発見力「自分で問題を発見し、論理思考を使って動かしていこう」とする意識醸成が可能

  • 徐々に、ロジカルシンキングの観点から1つ上のレベルの課題を提出するよう誘導。
  • 自ら課題を探し、能動的に「仕掛ける意識を持つ
    例:「会議情報共有メール」 → 「会議参加者を増やすメール」



資料請求・お問い合わせ

シェアする