東京電力エナジーパートナー:冨山様

東京電力エナジーパートナー株式会社様(以下、東電EP)は、2015年4月発足し小売電力、ガス事業などを行っている企業です。「挑戦するエナジー。」をスローガンにお客様とともに発展するパートナーになることを目指しています。

2016年5月、東電EPで新規事業開発機能を持つ「商品開発室」全メンバーに対して「マーケティング研修」を開催しました。

事例詳細は『『東京電力エナジーパートナー様マーケティング研修事例』をご覧ください。


冨山) 元々、商品開発室は多様性のあるメンバーなので、プロジェクトを進めるときに共通言語を持つことが狙いでした。
複数のプロジェクトが並行して動いているのですが、共通言語としてマーケティングのフレームワークなどを使うことが当然になってきていますね。半年間で、すでにサービスをローンチさせた人もいます。
冨山) 商品開発室では、各グループに1枚ずつホワイトボードがありますが、ホワイトボードを使う頻度が高くなりました。ホワイトボードにフレームを書いて議論する。そのあと議事録として写真をとり、必要あれば資料に落とす。以前より使用頻度が格段に上がりました。

シェアする