コーザリティ分析とは、事象の因果関係の全体構造を明らかにする分析方法です。
ある事象が起こるには、その原因となる別の事象が存在する。表出している事象間の関係をしらべ、そこに論理的飛躍があるばあいには論理的飛躍を補う仮説を加えて関係性を構築します。
この繰り返しにより、現実に起きている事象(多くは問題)の構造を把握する手法です。

ビジネスにおいて表出している問題点の多くは、単に「望ましくない事象」が見えているだけのことが多い。実際には、その見えているものが問題なのではなく、その根源となっている事象が別に存在する。


1.因果関係図とは


因果関係を「因果関係図」として明らかにすることを通じて、本質的な問題の原因を調べ、その原因を解消するような問題解決を講じる必要があります。
これにより、どこから手を打つのか?の対策案が検討しやすくなります。

1-1.因果関係図の例:なぜ営業のスキルアップができないのか?


参考情報

コーザリティ分析に関連する用語集


「コーザリティ分析」に関連する企業研修

「問題解決スキル研修」は、ビジネススキルとして普遍的に使える論理的に問題解決するための、4つのステップを学ぶ研修です。ビジネス現場でおきる問題を効率に解決するためのコンサルタントの問題解決ノウハウを伝授します。

研修プログラムの詳細は 『問題解決スキル』をご覧ください。


シェアする