1. 5フォース分析とは

5フォース分析(5Forces Analysis)とは、競争戦略の5つの要因分析のことです。 「5つの力」「5F分析」ともいいます。

事業戦略を考える上での競争要因を網羅的に把握するためのフレームワークで、環境分析において脅威のファクターを抽出する際に有効です。5F分析により、「その業界がどういう構造を持っているか?」「その業界は、どの程度儲かるか?競争環境は厳しいか?」などを分析できます。

5フォース分析は、マイケル・ポーターが著書「競争の戦略」で提示しているフレームワークです

2. 5つの競争要因

  1. 業界への新規参入の脅威
  2. 顧客にとっての代替製品の脅威
  3. 売り手(供給業者)の交渉力
  4. 買い手(顧客)の交渉力
  5. 既存業者間の自社との競合


2-1.新規参入の脅威とは


業界への5つの参入障壁

  • 規模の経済
  • 製品差別化
  • 規模に無関関係なコスト優位性
  • 意図的抑止
  • 政府による参入標的

参入障壁として作用する「規模に無関関係なコスト優位の源泉

  • 自社独自の占有技術
  • ノウハウ
  • 原材料への有利なアクセス
  • 有利な地理的ロケーション
  • 学習曲線によるコスト優位

2-2.競合の脅威とは

競合の脅威が大きい業界の5つの特徴

  • 競合企業が多数存在する(例:不動産業界、清涼飲料業界)
  • それぞれの競合企業が同規模で、市場のへの影響力も同程度である(例:家電業界)
  • 業界の市場成長率が低い(例:石油業界、航空境涯)
  • 差別化が難しい(洗剤、ティッシュなどのコモディティ商品)
  • 生産能力の増強単位が多きい(例:石油化学製品、半導体)

2-3.代替品の脅威

競合している企業から提供される製品・サービスは、自社の製品・サービスとほぼ同様の顧客ニーズを、同様の方法で満たしています。

一方、代替品やサービスは、自社とほぼ同じ顧客ニーズを、異なる方法で満たします。

代替品の例

  • 自動車:自転車、バス、電車、飛行機
  • 石油(原油):石炭、シェールガス、太陽エネルギー

2-4.供給者の脅威

供給者の脅威を示す指標

  • 供給者の業界が少数の企業で支配されている
  • 供給者の販売する製品がユニークか、あるいは高度に差別化されている
  • 供給者が代替の脅威にさらされていない
  • 供給者が前方向への垂直統合をするおそれがある
  • 供給者にとって自社が重要な顧客ではない

2-5.購入者の脅威

購入者の脅威を示す指標

  • 購入者が少数しかいない
  • 購入者に販売される製品は差別化されておらず、標準品である
  • 購入者に販売される製品価格が、購入者の最終コストに占める大きな割合となっている
  • 購入者が高い経済的利益を得ていない
  • 購入者が後方垂直統合をするおそれがある

ポーターの競争戦略類型:3つの基本戦略

  • コストリーダーシップ戦略
  • 差別化戦略
  • 集中戦略

参考情報

5フォース分析(5F分析)に関連する用語集

戦略系ビジネスナレッジコラムシリーズ


3C分析、SWOT分析を学ぶ企業研修

「マーケティング研修基礎」は、1万人が受講したマーケティング基礎プログラムです。「マーケティング戦略基本プロセスの流れ」「論理的思考法」「顧客ニーズの本質」を学びます。単なる知識に終わらずマーケティングの実務応用に使える論理的マーケティング思考法を身につけます。「マーケティング戦略思考」を共通言語として組織浸透させるための社員集合研修として最適です。

研修プログラムの詳細は 『「マーケティング研修基礎」共通言語で顧客思考の組織を作る方法』をご覧ください。


シェアする