社内の新規事業立ち上げや、多くの関係者を巻き込まなければならないプロジェクトなど、ビジネスシーンにおいて事業計画を必要とするシーンを支援します。

事業計画とは

「投資を募る」、「金融機関から融資を受ける」、「社内に方向性を示す」など、事業計画書はビジネスを展開していく上で欠かせないツールです。

事業計画に求められる要素

事業を円滑に推進し、周囲の協力を得るためには、必要十分な事業計画を立案し、それを事業計画書で可視化して周囲に周知する必要があります。
事業計画書を通じて実現可能性と有効性を具体的に示すことで、企業や出資者、金融機関などの事業関係者が知りたい『売れるのか』『できるのか』『儲かるのか』『リスクはどうか』という4つの関心事に適確に答えていきます。

事業計画の策定ステップ

事業計画の策定は3つのステップで構成されます。詳細はプロジェクトが置かれている状況によって異なりますが、各ステップを状況に応じて細かなタスクに分解してプロジェクトを推進します。

プロジェクトご検討中の方へ

事業計画の策定プロジェクトをはじめたい方は、まずはお気軽にお問い合わせください。秘密保持契約を締結した上で、弊社のコンサルタントが御社のご事情に合わせた最適なプログラムをご提案します。

コンサルティングのお問い合わせはこちら


シェアする