氏名:千葉 敬輔さん

勤務先
三越伊勢丹(現在国内出向中:三越伊勢丹フードサービス)

受講講座
2015年04月期 マーケティングリサーチ
2015年07月期 企画書作成講座
2015年07月期 ミーティング・ファシリテーション
2015年10月期 問題解決スキル
2015年10月期 ランチェスター戦略 

受講動機

最初の受講理由は2つありました。

1つは、人事異動での大きな環境の変化(グループ会社への出向・他社への研修派遣、店頭業務からタ゛イレクトマーケティンク゛事業への転換)があり、今までの経験や勘だけでは通用しないことを実感したこと。
もう1つは、昇格試験に向けてビジネススキルを体系づけて学びたかったことでした。

私は今まで5つの講座を受講しましたが、途中から受講の理由は変わっていました。

それは学んだことがすぐ仕事に活かされることを実感したこと。
受講の中で出会った講師の皆さまや他社の参加者とのコミュニケーションで見地が広がっていくことが、新たな学びにつながっていくことが楽しくなったこと。これが複数の講座を受講した理由です。

講座の感想 実務にすぐ活かすことができたことが嬉しかったですね

問題解決スキル

学んだことは沢山あるのですが印象的なのは、問題解決スキルの『イシューの特定』です。

今までビジネス本を読んで『分かっている』と思っていたことが、実際は出来ておらず『分かっているつもり』でしかなかったことが認識できた講座でした。

内容は簡単ではないですが講師の方が判りやすく表現してくれることやグループワークを通じて自ら考えたことで『分かっているつもり』から脱却することができました。

実際働いている時に起こりがちな問題をテーマに考えることが出来たので、実務にすぐ活かすことができたことが嬉しかったですね。

自問することで問題の本質について考えるようになりました

イシューの特定と言われてもあまりイメージが湧きませんでしたが、
『これって何問題なの?』と言われてやっとイメージが湧きました。笑

今まで『客数が前年より大幅に少ないから販促強化で集客頑張ろう!!』といった目立つ数字に対して、いきなり施策を行うことも多かったのですが、『これって何問題なの?』といったん自問することで問題の本質について考え、イシューを特定してから施策を考えるようになりました。

問題の本質についての考え方、問題の絞り込み方、解決策立案と体系づけて学べたことは
私にとって非常に良い経験となりました。

受講後の成果

データに基づいて実行した施策に、結果が出始めていることがとても嬉しい

仕事のスピードが抜群に早くなったと思います。

日々の業務の中で大小様々な問題がおきますがイシューを特定することで、
解決のスピードと解決しなければならない優先度がはっきりとしたことが要因だと思います。

私が分析したデータに基づいて実行した施策に、結果が出始めていることがとても嬉しく、
苦手だった分析業務にも自信がついてきました。

受講を検討されている方にひと言

悩んでいないでもっと早く受講すべきだった

社外で研修を受ける事は非常に不安で、最初の受講申し込みには勇気が必要だったことを覚えています。

行って勉強にならなかったら?
周りのレベルについていけなかったら?
などなど。。。

参加してみたら講師の方は優しい方ばかりでしたし、
様々な職種や役職や年齢の参加者の皆さまからも沢山のことが学べました。

今は悩んでいないで、もっと早く受講すべきだったと思っています。

もし不安な方は定期的に行われている仕事塾から参加して雰囲気を探っても良いかもしれませんね。

家弓正彦の仕事塾はこちら


シェアする