態度変容モデル:「AIDMA」

プロモーション戦略を考える際に初めに考えなくてはならないのが顧客の態度変容です。 態度変容モデルの代表的なものに「AIDMA」モデルというものがあります。
A:Attention:注意を引く
I:Interest:興味を持つ
D:Desire:欲求となる
M:Memory:記憶する
A:Action:行動(購入)する
態度変容は製品や社会環境によって変化しますが、自社商品、取り巻く環境を踏まえて態度変容を考え、態度を1つ1つ変化させるためのプロモーション設計が重要です。

コミュニケーション・ミックス

コミュニケーション手段は全部で4種類あります。

  • 広告
  • 販売促進
  • 人的販売
  • 広報

これら4つを組み合わせて、態度変容に合わせた施策を考えます。

各コミュニケーション手段の特徴



各広告メディアの特性



講座ではインターネットにメディアについても解説。


態度変容モデルとコミュニケーションミックス

下記のように顧客の態度変容にあわせて、4つのコミュニケーション施策をミックスしてプロモーション戦略が考えていく必要があります。



マーケティングベーシックス講座全体に戻る


シェアする