~自分とは違うタイプの思考や感性のありようを理解し、ダイバーシティ(多様性)を受容する~
ダイバーシティ推進の第一歩!男女の脳の違いを知り、自らの思考や感性、価値観と違うタイプの人がいることを理解し、お互いの居心地を良くし、組織力を高めて成果を上げる『職場でのコミュニケーション』を学びます。

人工知能(AI)の研究開発に従事し、脳の感性を研究してきた黒川伊保子氏と、テンプスタッフラーニングが共同開発した研修プログラムです。男女の脳の違いを知ることにより、『自らの思考や感性(=脳)とは違うタイプの思考や感性のありようを理解し、互いの居心地を良くすると共に、組織力を上げていくこと』を目指します。

人工知能(AI)の研究開発に従事し、脳の感性を研究してきた黒川伊保子氏と、テンプスタッフラーニングが共同開発した研修プログラムです。男女の脳の違いを知ることにより、『自らの思考や感性(=脳)とは違うタイプの思考や感性のありようを理解し、互いの居心地を良くすると共に、組織力を上げていくこと』を目指します。

『男女脳差理解によるダイバーシティ・コミュニケーション講座』は、そのギャップの認識からはじめ、多様性を活かした組織力の高い、そして居心地の良い職場でのコミュニケーションについて学びます。

男女によるコミュニケーションスタイル・モチベーションの違いとは?
お互いが「良かれと思って裏目に出る」こととは?
現在、男性中心となっている企業において、女性が本当に活躍するには?
など、職場で見掛ける身近な事例を挙げて、「分かりやすく」、「楽しく」、ダイバーシティの意義と本質を掴んでいただきます。組織でダイバーシティを推進していく上での第一歩としてもおすすめです。

開催概要

※本講座は株式会社パーソル総合研究所主催、シナプス協賛となります。

開催日程

7月期

2019年8月20日(火)

時間:9:00~13:00

10月期

10月3日(木)

時間:13:00~17:00

12月18日(水)

時間:9:00~13:00

会場

東京ミッドタウン・カンファレンス

受講料

16,000円(税別)

■受講対象

全てのビジネスパーソン
女性活躍、ダイバーシティを推進している企業で働く方はもちろん、全てのビジネスパーソンにお伝えしたい内容です。


講座カリキュラム


はじめに ダイバーシティの歴史
1.ダイバーシティコミュニケーションとは何か?
~ダイバーシティと脳科学~
2.男女脳
・人の混在は、脳の混在
・男女の脳は違う
・コミュニケーション・スタイルの違い
・対話の好みの違い
・モノの見方の違い
・モチベーションのありようの違い
・良かれと思ったことが裏目に出るケース
・異なる感性が混在する組織は強く、完全になる
3.デジタル脳、アナログ脳
・脳が生み出す二つの気分
・脳タイプ別の感性特性
ダイバーシティ憲章の作成
おわりに ~この世に二つの脳がある、ということ~

講師

伊藤道恵

岡山大学卒。在学中に、NHK岡山放送局にて契約アナウンサーとして勤務後、株式会社リクルート入社。企業の人材計画立案営業を経て、企業研修インストラクターとして独立。 女性リーダー育成や管理職研修など様々な研修を実施。参加者同士が互いに学びや相互刺激を得られるような研修を目指し、インタラクティブなスタイルにより、動機付けを促す進め方に定評がある。

馬場 さかゑ

東京都立大心理学専攻を卒業。公立学校教諭、秘書などの仕事に従事。心理学知識をもとにコミュニケーション、対人関係、メンタルヘルスなどの分野の研鑽を積む。1996年テンプスタッフ株式会社社員研修事業部専任講師となる。以来、数多くの企業研修、講演を行う。イギリス、スウェーデンなどでの海外生活体験から国際的視野を持つ。明るい人柄、分かりやすい講義、楽しい研修の場作りにより、極めて高い受講者満足を誇る。

男女脳差理解による「ダイバーシティ・コミュニケーション」講座 お申込みはこちら


シェアする