しなやかで折れない心(レジリエンス)を鍛え、セルフマネジメント力を高める

困難な状況にも負けず、逆境や試練を機会と捉えて成長できる、しなやかで強い心=「レジリエンス」は、現代のビジネスパーソンの必須能力といえます。本研修では、3つのステップに沿って体系化されたレジリエンスを鍛えるための7つの技術を習得します。

開催概要

※本講座は株式会社パーソル総合研究所主催、シナプス協賛となります。

しなやかで折れない心を鍛えるレジリエンス研修:【全1回】40,000円(税別)

10月期

2019年10月15日(火)

時間:9:30~17:30

会場

東京ミッドタウン・カンファレンス

受講料

40,000円(税別)

■受講対象

若手社員~中堅社員
レジリエンスの高い部下を育てたい管理職
※レジリエンス研修に興味のある人事・人材開発ご担当者もご参加いただけます

■講座の特徴

<研修の目的>
困難な状況やプレッシャーにも折れない心=「レジリエンス」とは何かについて理解する
体験学習を通じて、逆境や試練を成長機会と捉える前向きな姿勢を培う
研修で学んだことを振り返り、「レジリエンス」を自分自身の仕事に活かす

<研修の狙いと特徴>
1.ネガティブ感情の底打ち【底打ち】

技術1:ネガティブ感情を緩和する有効な方法
技術2:SPARKモデルで捉え方をコントロール

2.レジリエンスマッスルを鍛える【回復】
技術3:ポジティブ感情を認知増幅する習慣
技術4:ストレングス=強みを発見し活かす
技術5:自己効力感を高め逆境を切り拓く方法

3.逆境体験から学ぶ【教訓化】
技術6:サポーター=社会的支援者を再確認
技術7:ウォンツ=内発的動機を自覚する


講座カリキュラム


1.レジリエンスとは何か...その必要性とは
●レジリエンス=逆境や困難を成長の原動力に変える力
●レジリエンスを高める3つフェーズ・7つの技術
●今の仕事になぜレジリエンスが必要なのか

レジリエンスとは何か、それがなぜ皆様に必要なのか、ではどのような全体像でトレーニング可能なのか、といった概要を共有します。

2.レジリエンス強化の扉を開ける
●レジリエンス・トレーニングのスイッチ
●ワーク:自分の「逆境乗り越えグラフ」を作成する

レジリエンス向上の肝となる考え方を共有したのち、ご自身の逆境グラフを作成します。(自身の体験を題材に1日の学びを深めていきます)

3.フェーズI【底打ち】
●技術(1)...あるある・ネガティブ感情の気晴らし
●技術(2)...「捉え方」をコントロールするSPARKモデル
●感情のラベリングと「思い込み犬」の発見
●ワーク:SPARKモデルで逆境乗り越え体験を分析する

第一人者であるイローナ・ボニウェル博士が提唱するSPARKモデル(認知行動療法を簡易化した捉え方の転換を促すツール)でネガティブ感情へ対処する技術をトレーニングします。

4.フェーズII【回復】
●技術(3)...日々の仕事を楽しく!ポジティブ感情の増幅
●技術(4)...自分の強み(ストレングス)の発揮
●技術(5)...自己効力感を高める工夫アサーティブネス
●ワーク:目標達成コーチング

カードやインプロゼーションなどを使用したワークを通じて、レジリエンス資源となるポジティブ感情やストレングスを学習・トレーニングします。 自分の目標とは?乗り越えなければならない障害とは?ではどうすれば乗り越えられるか?実際の自分たちの業務を題材に、コーチングワークで自己効力感を高めていきます。

5.フェーズIII【教訓化】
●技術(6)...自分を勇気づけてくれるサポーターの洗い出し
●技術(7)...仕事の意義・目的(ウォンツ)を掘り下げる

自分自身の中にある2つのレジリエンス資源、サポーターとウォンツを見える化します。この2つが、今後の困難に立ち向かうエネルギー源となります。

6.クロージング(学習内容の深掘り)
●ワーク:学習した内容を自分の業務へ活かす
●学びの共有

自分ごとへの深い落とし込み、気づきを狙います。その後、本日の学びの共有(感想など)を行い、研修終了です。

講師

窪田 晃和(くぼた てるかず)

ザ・アカデミージャパン エグゼクティブトレーナー

講師歴11年の中で、中央省庁、金融機関、生命保険会社、メーカー、通信事業社、非営利法人などを中心に、200社15,000人の管理職から若手社員まで幅広い受講者に研修を提供。レジリエンストレーニングでは、単なるアカデミックな知識提供ではなく、各企業の人材育成ニーズ、ビジネスパーソンの現場実務レベルに落とし込み、行動変容につなげる運営で人気を集めている。

しなやかで折れない心を鍛えるレジリエンス研修 お申込みはこちら


シェアする