シナプス海老原です。

友人の間で、「子供教育マニア」で知られる海老原が「子育てに学ぶ人材育成:幼児園児に仮説検証を教えてみた」と題してコラムを書きます。

現代のビジネスに必要な仮説検証型思考ですが、なかなか教えるのは難しいものです。この仮説検証型思考を4才児に教えられるか自分の子供で試してみました。

さて、大人でも難しい仮説検証。4才児に仮説検証型思考を教えることができるのか。その仮説検証力人材育成過程をまとめました。


1.なぜ幼稚園児に仮説検証を教えるか


1-1.仮説検証は汎用的ビジネススキルだが習得度の差が大きい


仮説検証は、ビジネスで汎用的に使えるスキルです。しかし、習得レベル差が大きいスキルでもあります。

マーケティング担当、営業担当、コンサルティング現場、仮説検証は特に重要です。ビジネスにおいて、基礎スキルとしての仮説検証力の重要性は良く指摘されることです。

しかし、これほどスキルレベルの差が大きいスキルもなかなかありません。また、仮説検証力は、コンサルタントなど、一部の特殊な世界のスキルと思っている方も多いようですが、かなり汎用的に使えるビジネススキルです。

1-2.幼稚園児が仮説検証を学習できたら、誰にでも学べるはず

仮説検証スキルは、ビジネスで汎用的に使えます。しかし、なかなかできている人がいないスキルでもあります。

そんな仮説検証スキルを4歳児に教えてみることにしました。「そんなむちゃな。教えてどうする?」と思う人もいるでしょう。半分は私の趣味です。

しかし、仮に4歳児に仮説検証を学ばせることが可能であれば、人材育成としてほとんどの人に仮説検証を学ばせることはできるのでないかと思います。つまり、仮説検証はだれでも学べるスキルであることの証明にならないでしょうか?

2.教えるために「仮説検証とは何か」分解する

さて、仮説検証とは、なんでしょうか?

人材育成として何かの概念を学習させるには、この概念=仮説検証を、シンプルで具体的な考え方や行動に分解する必要があります。今回は幼稚園児に教えるのでなおさらです。

2-1.仮説検証の必要条件

仮説検証とは、「仮説を立て、検証を行うこと」です。より具体的には、以下の2つを行うことと考えました。

  1. 何か行動などをした結果、未来に何が起こるか、事前に予測を立てること(仮説を立てる)
  2. 行動した結果・起きた現象を認知する。結果が事前予測と当たってるかどうか把握する(仮説検証する)

2-2.仮説検証を磨く基本行動

仮説検証の必要条件を分解しました。次は「仮説検証スキルを高めるための基本行動」について考えます。

  1. 自分の行動により、どんな結果が起こるか、事前予測(仮説)を立てる
  2. なぜ、その仮説になるか理由を考える
  3. 結果の当たり外れを認識する
  4. 結果の当たり外れの原因を考える。事前に考えた仮説の理由と合っているか分析する
  5. 分析した結果を元に、さらに仮説検証を繰り返してみる

3.実際に仮説検証を幼稚園児に教えてみた


無限積み木

仮説検証の必要条件と基本行動を分解したところで、子供が仮説検証を使うよう、遊びながら誘導します。

実験で使ったのは、写真の「無限積み木」。長方形で同じ形の木が100個ある、すごくシンプルな積み木です。シンプルな分、逆に自由度が高くまさに無限のパターンを試して遊べるおもちゃです。

仮説検証のトライアル・アンド・エラーを繰り返し試しやすいと考えました。


3-1.予測を立てる、やってみる、結果をみる


いつものように最初は、私が積み木を組み立てて誘導します。
「これ、もう1段高く積めるかな?」
「どうやったら、崩れないかな~?」
「じゃ、やってみよう。」

できたら「おー、できたね」。
崩れたら「崩れちゃったね~。もう1回やってみよう。どうしたらできるかな~。」
といった感じで、トライアル・アンド・エラーをやってみます。そして、事前に「予測」させるように持って行きます。

3-2.仮説検証は幼児園児にも教えられた


最初に私主導で作ったのが、写真左の5階建て積み木です。

4階建てで崩れたところ子供から「押さえを付ければよいじゃない?」とナイスな提案をもらいました。(一番下の段で2枚の積み木で「押さえている」)

さらに、「4階建てまで」なら全部自力でできるようになりました。


4.仮説検証を覚えた実験好きリケ女誕生


子供がどこかの博物館で「実験」という言葉を娘が仕入れてきました。


私「じゃ、お風呂で実験しようか?」
娘「する~」

4-1.実験開始(=仮説検証開始)


というわけで、すき家でもらった写真のすごろくで、2人でいろいろ「実験」しました。

小さい人形と大きい人形(すごろくのコマ)が、風呂の底から、どっちが早く浮くか試したり。


4-2.事前に予測=仮説を立ててから実験


だんだん慣れてきたところで、予測(仮説)の概念を入れていきます。


私「じゃあ、小さい人形と大きい人形で、大きい人形の方が早く上がってくると思うヒト~?」
娘「はーい」
私「じゃ、やってみよう」
(実験してみる→2つともほぼ同じ早さで上がってきた)
私「うーん、同じだね」
娘「間違えちゃった~」
私「間違えたね~」
という感じで、事前に仮説を立てたうえで、検証してみます。


4-3.仮説検証が使える実験好きリケ女誕生


そして、お風呂を出る頃には、「もっと実験したーい!でたくなーい!!」といっておりました。実験好き園児の誕生です(^^)


幼稚園児ができるのなら、大人にもできますよね?

まとめ

仮説思考を分解することにより、幼稚園児に仮説思考を教えてみました。

仮説思考は、実はシンプルでトレーニングすれば身につられるスキルです。皆さんも仮説思考を積極的に使ってみましょう


参考情報

1.海老原一司のシナプスビジネスナレッジコラム

海老原一司:チーフマーケティングコンサルタント
1974年生まれ。早稲田大学理工学部修士課程をへて1999年日本テレコム株式会社入社。IT業界を中心に大企業・ベンチャーなどの事業会社で クラウドサービスなどの10年間以上のプロダクトマネージャ経験を持つ、BtoB事業の新規事業立ち上げ、事業成長のスペシャリスト。プロマネとして新サービスを3年で100倍の売上にした経験を持つ。

2014年シナプス入社。BtoBマーケティングプログラム責任者。
『立教大学経営学部講師』
『グロービス経営大学院(MBA)』


人材育成コラムシリーズ



仮説検証を学ぶ企業研修

「顧客ニーズヒアリング研修」は、提案型営業のキモ、顧客ニーズヒアリング力を高める企業研修です。顧客ニーズヒアリングの論理的仮説検証プロセスを身につけます。実在の顧客のニーズ仮説を立てコンサルタントの仮説検証ノウハウを伝授します。

研修プログラムの詳細は『 「顧客ニーズヒアリング研修」仮説検証で潜在ニーズを掴むコツ』をご覧ください。


シェアする