シナプス海老原です。

「子供教育マニア」の私が執筆する「子育てに学ぶ人材育成方法シリーズ」。今回は、「子育てに学ぶ人材育成:コンフォートゾーンから楽しくラーニングゾーンに入る方法」とです。

成長する環境を作るための「ラーニングゾーン」というコンセプトがあります。このコンセプト自体は、能力開発に重要なコンセプトです。

しかし、「コンフォートゾーンを抜けてラーニングゾーンに入ることは辛いもの」とする考え方が主流です。「辛いラーニングゾーンに楽しく入る方法」について考えてみました。


1.ラーニングゾーンとは


ラーニングゾーンとは、元GEリーダーシップセンターのディレクターで、ミシガン大学ビジネススクール教授のノエル・M・ティシーが、提唱した人材育成・能力開発に関するコンセプトです。


1-1.コンフォートゾーン、ラーニングゾーン、パニックゾーン


「コンフォートゾーン」「ラーニングゾーン」「パニックゾーン」という3つのゾーンがあり、図では3つの円で表現されることが多いです。


1-2.コンフォートゾーンとは


コンフォートゾーンはその名の通り自分にとって快適な状態です。仕事でいえば、これまで慣れた仕事を、今まで通りのやり方でこなせばよい状態です。

コンフォートゾーンは、言葉通り「快適」ではあるものの、学びが少ないゾーンです。コンフォートゾーンに居続けては、自己成長はできません。

1-3.ラーニングゾーンとは

ラーニングゾーンというのは、快適なコンフォートゾーンから抜け出た状態です。仕事でいえば、チャレンジングな仕事、新しい仕事、高い目標の仕事に従事している状態です。

ラーニングゾーンにいる間は、学びの質が高い状態といえます。ラーニングゾーンに居続けることにより、自己成長を継続することができるのです。


1-4.自己成長のためには、コンフォートゾーンを抜け出しラーニングゾーンへ入る


コンフォートゾーンは、その名の通り自分に快適な状態です。この状態では学びは少ないので、コンフォートゾーンを抜け出して、ラーニングゾーンに入り自分に辛い負荷をかけることによって自己成長していくというのが、このコンセプトの基本的な考え方です。

2.コンフォートゾーンを抜けだしラーニングゾーンに入ることは辛い

さて、この「コンフォートゾーンからラーニングゾーンへ出て自己成長する」というこの考え方自体は正しいと思います。

しかし、「使い方には注意が必要」だというのが、私の考え方です。

2-1.ラーニングゾーンを強制するのは万人向きではない

ラーニングゾーンは、企業の幹部養成などの文脈で使われることが多いため、「大変な環境に強制的にでも放り込んで学ばせる」のを、よしとする雰囲気があります。

しかし、これは万人向きではないんじゃないでしょうか。ストレス耐性の強い1,2割の「できる人」は、これでいいでしょう。

一方、残り9割の人には、ラーニングゾーンを強制することは、ハードルが高いです。ハードルが高いだけならよいのですが、むしろその人にとってマイナスになるときがあります。

2-2.ラーニングゾーンに入ることがマイナスになる人

実際に、長く教育に関わっているとラーニングゾーンにいくことを極端に避ける社会人を何度も見てきました。おそらく、過去にチャレンジして失敗し、挫折し、挑戦することが怖くなっているのでしょう。

また、パニックゾーンに入れて急成長させるという考え方もあるようです。しかし、それで成長できる人はほんの一握りです。しかも、与えられた状況は、本人にとって実際は、「パニックゾーン」ではなく、ぎりぎり「ラーニングゾーン」に入っていたのでしょう。

「パニックゾーンなのか、ぎりぎりラーニングゾーン内かの違い」は大きいと思います。実際、パニックゾーンに入ってしまいバーンアウトしてします人も多いのです。

2-3.ラーニングゾーンは辛いくて当然?

ラーニングゾーンというのはポジティブな言い方です。しかし、コンフォートゾーンのように「快適」ではないのですから、ラーニングゾーンでは、対義語である「不快」「辛い」という状態が当然だと思われています。気合いと根性の世界ですね。


3.子育てに学ぶ人材育成:コンフォートゾーンから楽しくラーニングゾーンに入る方法


3-1.スモールステップで楽しくラーニングゾーンに入れないか


辛いことをよしとする人、むしろ推奨する人もいるでしょう。しかし、「楽しいラーニングゾーン」というのはないのでしょうか。 私は、ここでスモールステップの考え方を使うことで、「楽しくラーニングゾーンに入れる」と考えています。

3-2.スモールステップで小刻みにラーニングゾーン目標を与える


縄跳び練習

いつものように、子どもに実験台として活躍してもらいます。

私は、子どもと遊ぶときは、自然にラーニングゾーンに導くようにしています。 しかし、「一度にラーニングゾーンに入る幅をものすごく小さくする」ことを心がけています。

イメージは、8割型成功するだろう。というぐらいのステップ感です。

こうすると、当然ながら少しずつですが、能力が伸びていきます。例えば、縄跳びの跳べる回数が、少しずつ増えていきます。

ちなみに、これは「1回でも自分で縄跳びができるようになってから」。まずは、「縄をまたぐ」「親と一緒に飛んでみる」など、この手前でもスモールステップを刻んでいます。

3-3. コンフォートゾーンを抜けてラーニングゾーンに入ることが楽しくなる

もっと高い目標を与えるべきという考え方もあるでしょうが、私はこの小刻みに小さい目標を与える方法がいいと思ってます。

こうすると何がいいか。「楽しくラーニングゾーンに入れます。」本来辛いラーニングゾーンが、楽しいラーニングゾーンに変わるのです。

「チャレンジして、成長するのが楽しい」これがわかってくると、私が何も働きかけなくても、勝手に少しずつ自分でラーニングゾーンに入って成長していきます。放っておいても伸びていきます。

3-4. 成長幅より成長の仕方=ラーニングゾーンへの入り方を身につける


絵を使って「足し算で遊ぶ」

高い目標を与える。遠くのラーニングゾーンに放り込む。この方が当然、一度の成長幅は大きくなるでしょう。

しかし、「本来辛いラーニングゾーンに楽しく入る方法」が身につけば、教える側が何もしなくても成長していくのです。つまり、「成長の仕方自体を身につける」ことができます。

子どもの場合、特に成長させることよりも、「成長の仕方自体を身につける」ことが重要ではないでしょうか。

まとめ

「子育てに学ぶ人材育成」として、特に子どもの場合「コンフォートゾーンから楽しくラーニングゾーンに入る方法」を身につけること。「成長の仕方自体を身につけること」が重要といいました。しかし、これは「大人の教育」でも同じではないでしょうか。

大人の学習においても我々講師は、受講生をずっとサポートできるわけではありません。研修やスクールの時間は、人生の中でほんのわずかな時間です。研修や講義で「成長の仕方を身につけてもらうこと」が、最高の講義だと思っています。


参考情報

1.海老原一司のシナプスビジネスナレッジコラム

海老原一司:チーフマーケティングコンサルタント
1974年生まれ。早稲田大学理工学部修士課程をへて1999年日本テレコム株式会社入社。IT業界を中心に大企業・ベンチャーなどの事業会社で クラウドサービスなどの10年間以上のプロダクトマネージャ経験を持つ、BtoB事業の新規事業立ち上げ、事業成長のスペシャリスト。プロマネとして新サービスを3年で100倍の売上にした経験を持つ。

2014年シナプス入社。BtoBマーケティングプログラム責任者。
立教大学経営学部講師
グロービス経営大学院(MBA)


人材育成コラムシリーズ


2.楽しいラーニングゾーンに入れるロジカルシンキング研修

ロジカルシンキング研修(講師派遣型)

詳細は、『ロジカルシンキング研修-個人別添削で論理思考力トレーニング』をご覧ください。

※スモールステップ、ラーニングゾーンも考慮して設計しています。

ロジカルシンキング講座(平日夜間スクールオープン講座。仮説思考も使います)

詳細は、「ロジカルシンキング講座(全3回)-論理思考力個別トレーニング」をご覧ください。

※スモールステップ、ラーニングゾーンも考慮して設計しています。


シェアする