シナプス家弓です。

私たちはどのような場面設計を行えば、新たな知識を学びやすくなるのでしょうか。

シナプスでは、「独考」「交感」「深考」「概念化」という4つのシーンにおいて、学びを創出できると考えました。

そこで今回は、特にワークショップでのグループ学習プロセスを解説していきます。


1.グループ学習プロセス ①独考


1-1.まずは一人で考える


何かを学ぶためには、まず自分1人で考えることが必要です。 シナプスでは、これを「独考」と呼んでいます。ワークショップのグループ学習では、最初の「独考」によって、できないことやわからないこと、考えることの難しさを実体験できます。

このような認識は、新しい気付きへの第一歩となってくれます。そもそも独考を行っていないときは、「できているつもり」になりがちです。

たとえばマーケティングの勉強のために、たくさんの本を読んだとします。しかし、いざ1人でマーケティングの事前課題に取り組もうとしても、上手にできないこともあるでしょう。

そのとき、できない自分に愕然としますが、「上手にできない自分」という現状を再認識することが必要なのです。できること・できないこと、わかること・わからないことを独考によって知ることにより、自分が今後どうすべきなのかを知る手がかりを得られます。

1-2.グループ学習での独考のさせ方

ワークショップのグループ学習では、受講者に研修前の事前課題を与え、自分なりに問題解決することを依頼しています。

専門知識をインプットする前の受講者は、課題を解決する術(知識など)が全くわからないこともあるので、その場合は受講者が問題に取り組みやすいようなガイドブックを渡しています。

また本業が忙しく、事前課題に取り組む時間のない受講者もいます。その場合は、研修当日のセッションの中で個人ワークを入れるスタイルを採用し、予習ができない部分をカバーするなどの工夫を行うこともあります。

2.グループ学習プロセス ②交感

2-1.視野を広げる「交感」


次に必要なのは、グループワークなどを通じて自分とは異なる考え方に触れ、視野を広げていくことです。これを「交感」と呼びます。

たとえば、「この演習の答えは、当然これしかない」と思い込んでいた回答でも、他者との話し合いによって全く異なる結論を知ることができます。

考え方には、その人独自の思考の癖が現れます。そのため、営業畑の人が分析した結果と、技術畑の人が分析した結果が異なることも当然起こりうるのです。

そこで、さまざまな物事の考え方に触れながら、視野を広げることがグループ学習プロセスのポイントとなります。

よって、グループワーク学習ではで異なる意見に触れられるように、年齢や部署など、さまざまな属性の人と会話できるようなグループ編成を行っています。

2-2.グループワークの参加意識を高める


またグループワークでは、受講者をグループの議論に貢献させることも大切です。

なぜなら、自分の意見をアウトプットすることでフィードバックを得ることができ、それによって徐々に学んでいけるからです。

さらにはグループワークに貢献できると、「自分はしっかりと参加した」という意識が生まれ、研修自体の満足度が上がります。満足度が上がれば、ますますやる気になるという好循環が発生します。


3.グループ学習プロセス ③深考


3-1.さらに深く考える「深考」


続いて、さらに深く考え抜いたり、新たな論点や掘り下げた論点について考え続けたりすることが求められます。

シナプスでは、これを「深考」と呼んでいます。

受講者は「交感」のプロセスにおいて、すでに周りの受講者たちと課題について思考しています。 しかし多くの場合、それではまだまだ考えが足りず、根拠について掘り下げ不足です。

そこで深考のプロセスでは、さらに深く考え抜いていきます。

3-2.全体ディスカッションで、さらに深く考える


考え抜くための効果的な手段のひとつに、受講者全員での全体ディスカッションがあります。

ディスカッションにおいて、受講生間で指摘や質問を与え合うと、同じ受講生の声だからこそ響く内容があります。そして、さらに深く考えるきっかけとなるのです。

研修講師はこのとき、学びの何を押さえるべきか、という「ラーニングポイント」を深く考えさせるための上手なマネージを行っていきます。

受講者間でランダムな質疑応答が起きているときに、「なぜ、そのように考えるのか?」などと問いかけて、学んでほしいポイントを講師がフォローアップしていくイメージです。

つまり、受講者が深く考えるための問いかけを講師が行っていきます。 受講者は、受講生間同士のディスカッションと講師からの問いかけによって、考えているつもりで実は思考が停止していた、という自分に気付くことができます。


4.グループ学習プロセス ④概念化


4-1.体系化した知識を示す「概念化」


最後に、講師が知識を取りまとめ、分析フローや思考プロセスなどの重要なラーニングポイントを示します。

こうすることで、受講者は体系化された知識をハラオチさせることが可能です。シナプスでは、これを「概念化」と呼んでいます。

たとえば環境分析について学ぶとき、レクチャーや演習、ショートケースを行いますが、受講者の中で学んだ知識はまとまっていません。

そのとき概念化を行い、環境分析の重要なポイントはどこなのかを、講師がわかりやすく整理して説明し、受講者にハラオチさせるのです。


4-2.概念化=まとめ


受講者が習得した学びをハラオチさせるときは、まず知識をインプットして、「独考」「交感」「深考」の順番でアウトプットしていきます。

そして最後に「概念化」で、どのようなことを学んだのか、についてラップアップ(議論のまとめ)をするという構成です。

まとめ

ワークショップは、以上のような4つのグループ学習プロセス。「独考」「交感」「深考」「概念化」によって、気付きや学びが生まれていきます。


参考情報

1.シナプスビジネスナレッジコラム


人材育成コラムシリーズ


2.企業研修

企業研修トップページ

マーケティングと人材育成に通じたプロ集団、シナプスの企業研修のご紹介です。シナプスの企業研修では、ワークショップ形式での自社課題解決など実務を通して、ビジネススキルを体感しながら身につけ、企業の組織力を高めます。

企業研修プログラムの詳細は『マーケティングと人材育成のプロ集団の企業研修』をご覧ください。


シェアする